2005年の見通し

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。 kanconsulting

本年の見通しとしては、
・デフレから、物価上昇トレンドへと推移していく経過の年
・金利上昇のきっかけとなる年
・為替は、ドル安円高、他通貨に対しては円安となっていく年
・株については、よくわかりません。
・日本国債は、今年もゼロリスクと認識される
と、勝手な予想をしています。

名目金利=期待成長率+期待インフレ率+リスクプレミアム (式1)
名目金利~名目成長率+リスクプレミアム            (式1から誘導される式2)
を考えると、低成長を前提として、物価上昇による名目GDPの上昇分と、金利の上昇分はだいたい同じであろうと考えることができます。

まとめると、今年は経済環境の大きな変化が始まる一年になるだろうが、破綻が始まるということはないであろう、と考えています。
[PR]
by kanconsulting | 2005-01-01 22:44 | 経済状況
<< 金融機関の保有する国債 誰が国債を保有しているのか 政... >>