テレビ朝日をご覧になって

私は、件のテレビ番組を見ておりませんが、以下の点にはご注意ください。
・不安を煽るような番組や記事は、疑ってかかってください。
・まずは、正確な情報を集めることが先決と存じます。
・その上で、対策を立案することが必要です。
・くれぐれも、投資は自己責任で。

といいますのは、世の中が乱れるときには、必ず詐欺などの犯罪が増加するためです。自分の財産や生活を守ろうとしたのに、実体の無いブローカーなどに財産を取り込まれたのでは目も当てられません。

見るからに危ない例として、
・プライベートバンクと称する銀行:本当のプライベートバンクは自分から広告を出しません。
・聞いたことの無い投資信託会社:名のあるカストディアン(信託銀行)を使っているのですか?
・絶対儲かる、絶対安全、などをうたう投資:投資に絶対はありません。
・お任せください、海外に秘密口座を持てます:それは実在するのですか?

ご注意いただきたい例として、
・インフレ対策に先物取引をしましょう:10倍以上のレバレッジに期限付き、資産保全にしてはリスクが高すぎます。
・外国債券はどうですか:投資先の格付け、実質利回り、為替手数料は大丈夫ですか?
・オフショア銀行へ預金すると無税ですよ:いえ、それは脱税です。

国家破綻の「原因と対策」は、小職ホームページと、ブログの過去の記事を参照ください。
小職ホームページはこちら
http://f47.aaa.livedoor.jp/~gijutsu
ブログの過去の記事(抜粋)はこちら
http://f47.aaa.livedoor.jp/~gijutsu/blog/index.html
[PR]
by kanconsulting | 2005-01-25 22:44 | 経済状況
<< このブログ・メインページを終了... ニセ札 >>