戦前の国債 日本国債のリスクプレミアム

最近、日本国債を外国の投資家に買ってもらうべく、財務省がアピールを行っていますね。現在、外国投資家による日本国債の保有率は、額面で3%くらいと、相当低いです。
(http://gijutsu.exblog.jp/1474631/)

では戦前はどうだったのでしょうか?
「日本国債のリスクプレミアム 富田俊基 知的財産創造2002/12」によると、
戦前は日本は資金不足(対外債務国)であり、海外で国債を売却していたようです。それなりのリスクプレミアムが求められていました。特に、当時の大蔵大臣高橋是清による国債の日銀直接引き受けでは、国内では順調に国債の消化が進んでいるに見えたが、イギリス市場では日本国債に大きなリスクプレミアムが求められたと言うことです。

戦前と現在の国債発行残高を、グラフにしたものです。このように、戦前はずいぶんと外国で国債を買ってもらっていたことが分かります。(グラフも上記文献から)
a0037933_282147.jpg


外貨建ての日本国債は、日本の高い外貨準備を反映し、高い格付けのようです。しかしながら、「日本の持続可能な財政運営」から見ると、「日本のようなちょっと危ない国の債券は、それなりのリスクプレミアムを付けてくれるか、変動金利債でないと、買えないな」と思うのではないでしょうか。

-----------------------------

ヒット数
メインページ 9452
ブログ     28357

期間 全体訪問者 1日平均
01月 23日~01月 29日 1,999 285.6
01月 16日~01月 22日 1,849 264.1
[PR]
by kanconsulting | 2005-01-30 02:13 | 経済状況
<< 国際分散投資 租税法律主義 >>