臨時増刊エコノミスト10/17号「大増税に勝つ」

臨時増刊エコノミスト10/17号を購入しました。

表題は「大増税に勝つ ~借金1000兆円の虚実 節税で対抗」です。

内容は、大きく分けて3つです。
①今後、このような増税が予想される(~P46)
②日本国の財政問題に、Q&A含めて答える(P48~94)
③このような節税はどうでしょうか(P96~)

①は、ダイヤモンドなど他紙でも良く見かける内容と、大体同じような感じです。
③は、主題として扱っている内容が大きいだけに、「確かに節税にはなるだろうけど、国家破産という大問題の前に、本当にその程度で実質的な効果があるの?」と感じます。

読者さんが一番気になるのは②ですね。

P48~60 ニッセイ篠原氏によるレポート グラフを多用して、統計数字を追っています。
P62~68 慶応助教授土井氏によるレポート 「税負担」「特別会計」についての有用な記事です
P69~70 S&Pアナリストによるプライマリーバランスの解説
P71~80 国家破産Q&A
P81~90 国債暴落Q&A
P91~94 地方公社についての珍しいレポート

解説は、順次追加します。

【無料レポートのご案内】
「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」を作成いたしました。メインページからご請求ください。無料レポートの配布には期間制限があります。本年12月をもって締め切りとさせていただきます。
[PR]
by kanconsulting | 2005-10-07 01:32 | 経済状況
<< 「ヘッジ売買法/富沢真紀」 本当の資産とは? >>