「金融資産が狙われている/高橋乗宣」

「日本の恐ろしい未来~金融資産が狙われている/高橋乗宣」について、昨年の出版ですが、内容に優れた考察がありましたので紹介します。

(引用開始)
内容(「MARC」データベースより)
あなたの金融資産を奪われないように注視せよ! アメリカの好調は年央まで、その後は悪性インフレへ。100円突破、ドル暴落の背景に潜む経済の地殻変動を読み解く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高橋 乗宣
1940年広島県生まれ。70年東京教育大学(現筑波大学)大学院博士課程修了。大学講師を経て、73年株式会社三菱総合研究所に入社。主任研究員、主席研究員、研究理事、顧問等を歴任。2000年4月より明海大学経済学部教授に就任。三菱総合研究所ではマクロ経済問題全般をカバーし、入社以来、景気予測チームの主査を長くつとめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

第1章 株高・円高は本物か?
第2章 日本経済の真相を読み解く―デフレと悪性インフレの挟間で
第3章 財政崩壊の現実―しのびよる悪性インフレ
第4章 ドル暴落の恐怖―第二のプラザ合意はあるのか
第5章 金融不安を真正面から捉える―生活に密着した銀行、郵貯の現実を見る
第6章 リスク時代の資産防衛術―安全、有利な逃避先はない
終章 競争の「場」に立つ覚悟―あとがきにかえて
(引用終了)

簡単に言うと、2003~2004ころの見通しを元に、「ドルの崩壊が起こりうる」ことを基調にしています。ですので、今の「素材インフレ」「ドル利上げによるドル高・アメリカ国債人気」「日本株好調」とは反しているように見受けます。

ですが、それを差し引いても、優れている点があります。
・「第3章 財政崩壊の現実―しのびよる悪性インフレ」の内容と、Q&Aが良い
・日本株は好調だが、財政問題そのものは全然解決に向かっていない
・現在(2005年)はドル高基調だが、決してドル不安が消えたわけではなく、ドルのインフレ・トリプル安には注意が必要

為替レートは二国間のトータルバランスで決まりますので、いつでも理由は後付です。

ご参考までにどうぞ。

【無料レポートのご案内】
「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」を作成いたしました。メインページからご請求ください。無料レポートの配布には期間制限があります。本年12月をもって締め切りとさせていただきます。

※10/8~10/10は、休暇をいただきます。メールへの返信などができませんが、ご容赦ください。
[PR]
by kanconsulting | 2005-10-08 00:58 | 経済状況
<< ジムロジャーズ来日公演 閲覧数 >>