ファイナンシャル・リテラシー 投資のメンタル面 金を持てる器量・投資のルール・社会還元 経済的独立へ

以前のブログ記事「資産保全の本当の意味」で、次のように述べました。

(引用開始)

・「国家破綻に勝つ資産保全」の本当の意味は、増税とインフレが進行するスピードより速く、「本当の資産」を殖やすことです。
・そのためには、まず、会計と投資について学ぶことが必要条件です。(参考となる書籍は、ホームページ投資ブログにて紹介しています。)
・一日も早く、正しい投資に踏み出してください。
・あわせて、自分の心の中のお金に対するメンタルな部分を鍛えることが必要です。

(引用終了)

本日は、ファイナンシャル・リテラシーの重要な部分である「メンタル面」について説明します。

「株式上達セミナー/林輝太郎」の中で、FAI投資法について言及した箇所に、次のような記述があります。FAI投資法は、続ければ必ず1億円を達成することが出来るが、通常の投資家には想像のできない地道な継続が必要とされていることでも有名な投資法です。

(引用開始)

売買メンバーの1億円達成者71名以外は脱落者である。2名の方が亡くなられているようなので、実際の脱落者は65人である。1億円達成の数字は驚くべきものだが、脱落者も非常に多いわけである。
60名が1億円を達成して退会しているが、満足して退会した人は少なく、ほとんどが1億円になって恐ろしくなり、ノイローゼになってやめている。
「親戚から借金を申し込まれないか。断れば関係がギクシャクする。」「子供が誘拐されないだろうか」「強盗に入られないだろうか」と夜も寝られなくなり、顔は青ざめ、ひざの上に置く手も震えていたという。
このグループでは、新しい入会者には一人同伴者が決められ、グラフの書き方を教えたり、苦しいときには励ましたりしているのに、やはり1億円も儲かるとノイローゼになってしまうのだ。
・・・それから新しい入会者には「1億円以上を持てる(器量の有る)人間になれ」と精神論をぶつようになったという。

(引用終了)

また、フォトリーディングの日本における第一人者であり、「あなたの会社が90日で儲かる!」などの著書でも知られる神田昌典は著書「非常識な成功法則」で、次のように述べてます。

(引用開始)

『ズバリ、年収10倍になって、それで幸福がゲットできると思ったら大間違い。人生そんなに甘いものじゃない』

・・・実は、成功にはダークサイドが有る、と。成功するということは、光が当たるということだ。光が当たれば、影が濃くなる。そして、・・・影は、あなたの一番弱い部分で、噴出する。

病気になる。事故が起こる。家族関係が破綻する。人間関係のトラブルが起こる。詐欺に遭う。腹心に裏切られる。などなど

・・・天才経営者と持ち上げられたと思ったら、地に落とされる。年商1000万円から年商5000億円の流通グループに育て上げた元ヤオハン会長の和田一夫氏は、成功の絶頂で見事に倒産した。・・・彼は生長の家の教えを経営の根幹にすえて、その教えを実践するビジネスを展開してきた。和田氏は、一点の曇りも無いほど本当に清らかな心を持っている。そんな人ですら、驕りの心が芽生えたとおっしゃるのである。

ということは、私のようないい加減な人間は、このまま順調にいくと考えるほうが間違いなのである。それはありえないのだ。私は、お金持ちになったらそれでスゴロクがあがると思っていた。ところが、そうじゃないんだ。あがりと思ったとたんに、振り出しに戻ることを覚悟しなければならないんだ。

(引用終了)

では、どうすればいいのでしょうか。

小職は、以下の3項目を、ファイナンシャル・リテラシーのうち、メンタル面を鍛える項目として重視します。

①まず、金を持てる器量をつくる
②投資に関して、自分の決めたルールを守る
③社会還元について、真剣に考える

①に関しては、「そもそも、何のために投資するのか」「自分は、本当はどうしたいのか」といった、自分と向かい合う精神的作業になります。

②に関しては、「地味な作業を、継続的に繰り返す」「他の投資法や、仕手情報・限定情報に心を左右されないようにする」といった、これも精神面を重視した継続的作業になります。極端な話「鍛錬千日」ですが、その精神は茶道や武道に通じるという意味で「株式道」と言ってもいいのかも知れません。この書籍や、他の林輝太郎の書籍を読み、しっかりと実行することができれば、②は十分に達成できると考えます。私も、日本株式について、銘柄を絞って「うねり取り」の練習を開始しようと思います。

(引用開始:「株式上達セミナー/林輝太郎」より)
・売買において、利益になる、損になるという原因のほとんどの部分は「やり方」にある。時流に乗ったかどうか、つまり銘柄の選択が原因であると認められる場合はごくわずかなのである。
・グラフを眺めていると、最安値で買って最高値で売りたくなる。いつもいつもそう思っているから、次第にそうするのが上手だと思い込んでしまうし、そうしなければならないように思ってしまう。(でも、それは大きな間違いなのだ。)
・売買というものは、客観的な人間=神様がやるのではない。あくまでも、個性を持ち、そのうえ「欲」「恐怖心」「動揺した気持ち」を持った人間=自分がやるのである。つまり「その人なりに」取れるところを、取れる方法で取るのが相場なのだ。
・実践家になる。それも下手ではない実践家になりたいのであるから、すべての勉強は実践力の養成に向けられるべきである。・・・売買においては、まず、相場の波に浮かばなければ「お話」にならないのだ。相場の波を泳ぐのはそれからのことである。
(引用終了)

③に関しては、他の投資本ではあまり重視されていませんが、一番重要と言ってもいいかもしれません。

なぜ小職がこのブログを立ち上げたのかについては、「このブログ・メインページのミッション(社会的目的)」をご覧ください。

簡単に言うと、多くの日本人に「ファイナンシャル・リテラシー(経済的感受性)」を身に付けていただき、「ファイナンシャル・フリー(経済的独立)」を果たしていただきたいということです。

そして、将来的には、投資収益で「有望な若者に勉学を身に付けてもらうプライベート奨学金を作る」「老人・子供のためのチャリティハウスを設立する」「アジア・アフリカに学校を寄付する」を考えています。

先ほどの著書を再び引用します。

(引用開始)

お金を稼げば稼ぐほど、そのお金をどのように社会に還元するかについて真剣に考えなければならない。欧米の資産家は、収入の10%は必ず寄付をするという習慣がある。慈善事業にお金・エネルギーを回すというのは、影が濃くなるのをコントロールするという役割があるのだろう。・・・

しかも寄付するに当たって、ATMで金額を入力するところまではいいが、確認ボタンを押すのに苦労する。ボタンを押そうと思うと手が凍る。その瞬間に走馬灯のように、稼いだ苦労が記憶によみがえる。私は、何度もぐるぐるとATMのまわりを回った。

・・・(寄付については、「俺が施してやった」という偽善的態度になるくらいなら、)自分が最も貢献できる分野で、私財を投入して、どうすれば貢献できるだろうかと頭に汗をかいて社会貢献したほうがいいという見解である。

(引用終了)
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-13 17:01 | 資産保全一般
<< 閲覧数 15万ヒット達成ありが... スイス・プライベート・ファンド... >>