エマージング株式状況 良いものをバーゲン価格で

a0037933_5365496.jpg


インドだけではなく、エマージング全体が調整しています。

金利が上がれば、株式のリスクプレミアム縮小に対応して株価は下がるのが世の常です。これまでも2004年、2005年にも調整はありましたから、別段驚くには当たらないのかも知れません。

これからのエマージングに対する見方としては、
・資源産出国かどうか
・経常黒字国かどうか
・さらなる資金の引き上げがありそうか

でしょう。ですので、BRICsのランキングを考えると

○ 中国、ロシア
△ ブラジル
× インド

になりそうです。

バリュー投資は、バーゲン期間に狙いを定めて買うことがポイントになります。「他の人が泣いて売ったものを買うと、良い買い物になる」のです。

---

海外証券会社を使ったETF投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2006-05-25 05:39 | 経済状況
<< 書籍紹介 国内の構造的問題と、... インド株式急落 ファンダメンタ... >>