北朝鮮 地下核実験 北朝鮮の紛争と体制崩壊はどちらが早いか?

皆様ご存知のように、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国、いつも思うのですがどこに「民主主義」と「人民の共和」があるのでしょうか)が、地下核実験を行いました。

北朝鮮を舞台にした紛争と、キムジョンイル体制崩壊と、どちらが早いか、という段階になったのだと思います。

もちろん、ここには「アメリカと中国の微妙な関係」があり、それらとロシアとのこれまた微妙な関係がからんでいることも忘れてはなりません。

一気にきな臭くなってきたのだ、それもこのようなあからさまな形で、と思います。「好戦派」にとっては、いい機会でしょう。

(小職は、北朝鮮は本当に何も考えていないか、あるいは壮大なヤラセのどちらかだ、と思っています。)

---

さて、小職は、10/6(金)夜のニューヨークマーケットで、手持ちの外国株を一部売却し(ネットでは非公開)、ゴールドと原油を買い増ししていました。動物的な勘だ、と思う人がいるかも知れません。ですが、これは「北朝鮮が核実験をする」と知っていたわけではありませんし、「来週あたり核実験があるかも知れない」という予想をしていたわけでもありません。

このような売買を可能にする技術は、何度も書きますが、○○を毎日記入して、●●感覚を重視することです。

(引用開始)

北朝鮮、核実験成功と発表

北朝鮮は9日、朝鮮中央通信を通じ「我々の科学研究部門は地下核実験を安全に成功裏に行った」と発表した。北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日の前日に強行し、金正日体制の権勢誇示を狙ったとみられる。
【ソウル=池田元博】周辺で観測された地震波の規模にはばらつきがある。米地質調査所(USGS)は9日、日本時間午前10時35分27秒に、平壌の北東385キロメートルを震源とするマグニチュード(M)4.2の地震波を観測したと発表した。震源は北緯41度、東経129度付近で、震源の深さはゼロキロとごく浅かったという。包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)準備委員会もM4を観測。日本政府は気象庁の観測値はM4.9に上ったと発表した。1998年にパキスタンが実施した実験で観測された地震はM4.8だった。
韓国政府は北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハンギョンプクド)花台郡(ファデグン)でM3.58―3・70規模の地震波を探知。韓国地質資源研究院によると、爆発はTNT火薬換算で500―800トン規模という。 (20:07)

日本経済新聞

(引用終了)

---

「国家破綻研究ブログ」のトップページに戻る
「国家財政破綻研究ページ」を見に行く
「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」を見に行く
[PR]
by kanconsulting | 2006-10-09 23:33 | 経済状況
<< 中国滞在の読者様による中国事情... グローバルソブリンの注意点(4... >>