長期休暇のご連絡とお詫び

健康上の都合により、心身ともに疲労困憊となり、しばらくお休みをいただいておりましたことをご連絡申し上げ、読者様へのお詫びとさせていただきます。
このような事情のため、頻繁な更新はお約束できませんが、楽しみにした抱いている読者様のために、このブログそのものと関連ページは続けますので、よろしくのご理解とご支援をお願いいたします。

---

私は、「国家破綻への対策は、実質上、2006年末が目処。2008年から2012年にかけて、大きな経済上の混乱が起こる可能性があり、2007年は序章となるだろう。」と思っておりました。実際には、2007年には、サブプライムショックに現れた信用収縮と、それを覆い隠すための過剰流動性の供給により、さらなる混乱を示唆する1年となりました。

今後の世界はどうなるのでしょうか?そして、私たち一般国民はどうすれば生き延びることができるのでしょうか?今後のエントリーにて、考えてみたいと思います。
[PR]
by kanconsulting | 2007-11-24 09:53 | 業務連絡
<< 来るべき暗黒の日(2) 世界株... 来るべき暗黒の日(1) 世界恐... >>