日本の経済状況 日銀短観

あまり注目されていませんが、日銀が発表した9月の企業短期経済観測調査(日銀短観)は、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が5年3カ月ぶりのマイナスとなりました。こういったインデックスは、どちらかというと後追いとなることが多いように思いますので、「普通の人の認識に、指数が追いついた」感じです。

(輸出の影響が大きい大企業製造業セグメントより、日本国内で商売をしているであろう中小企業の指数のほうが、一般国民の認識に近いのかもしれません)

a0037933_1817253.jpg



これから、資金繰りに困る企業が、ますます増えそうな感じです。

a0037933_18431886.jpg

画像はNHKホームページより

先日も述べましたが、自前のキャッシュフローが潤沢な企業が、生き残りに近いような感じです。黒字倒産も増えそうです。
[PR]
by kanconsulting | 2008-10-03 18:56 | 経済状況
<< 世界金融危機(10) アメリカ... バフェットがGEに救済的投資 ... >>