金融危機に伴う世界の損失額1兆4000億ドル これから6000億ドルが消失 20万人以上のリストラ

ゴールドマンサックスによると、

・金融危機に伴う世界の損失額は、1兆4000億ドルに達する
・そのうち、実現損は8000億ドル
・つまり、6000億ドルはこれから損失が表面化する

ということです。

フィナンシャル・タイムズによると、世界の金融業界全体では、既に推計15万人がリストラ・失職しており、これからアメリカ金融業界だけでもさらに7万人が人員削減の対象となる可能性があるとのことです。

金融危機のダメージが小さいゴールドマン・サックスであっても、全従業員(3万2500人)の約10%削減に着手したということです。

とりわけ金融機関にとっては、厳しい冬となりそうです。

(引用開始)

金融危機に伴う世界の損失額は1.4兆ドルに達する見通し=ゴールドマン
2008年 11月 11日 09:05 JST

[ニューヨーク 10日 ロイター] ゴールドマン・サックスのチーフエコノミスト、ジャン・ハツィス氏は10日、金融危機に伴う世界の損失額が1兆4000億ドルに達するとの見通しを示した。そのうち実現損は8000億ドルに過ぎないという。
金融機関と実体経済全体にとって今後さらに痛みが発生することを意味するもので、深刻な景気減速を回避するため、追加的な財政刺激策が必要になると指摘した。
同氏は金融業界の会合で「大規模な景気刺激策が求められる」と述べた。

ロイター

(引用終了)
[PR]
by kanconsulting | 2008-11-12 08:55 | 経済状況
<< ジョージ・ソロスのコメント 次... 国の借金843兆円  >>