賃金は、ぎりぎり食える限界まで低下する

何度も書いていますが、グローバル経済では、代替できる労働の賃金の水準は、その最低レベルに収束していきます。生産設備が人件費の安い立地を求めることはもはや当たり前ですが、IT・ソフトウェアのような属人的なビジネスでさえも、インドなどへのオフショアリングが当然となって数年が経過しました。その結果、一部のサービス業を除く大半の業界において、賃金下落圧力が発生しました。日本においても「働いても食えない」労働層が発生したことは、まだ記憶に新しいところです。

賃金低下の本質は、別にグローバル化とは直接の関係はなく、個々の経済合理的行動の帰結だとされています。

竹森俊平は、リスクと不確実性の違いを論じるに当たり、(リスクとリターンが計算できる)リスク支配のビジネスでは、自由競争により超過利益が低下する運命にある、として、その例としてタクシー業界を挙げています。
『このままタクシー台数が増え、一台あたり利益がますます減少するなら、平均賃金は、かつてアダム・スミスやリカードなどの古典派経済学者が「自然賃金」と呼んだ水準に下がってもおかしくはない』
「資本主義は嫌いですか/竹森俊平」

自然賃金:それ以下になると、生存が不可能になる賃金水準。つまり、「ぎりぎり食える」限界の賃金

不確実性の議論は日を改めるとしまして、本日は、「賃金は、生活限界水準まで低下する」ことだけを、述べたいと思います。

(このあたり、関連した過去のエントリーである「来るべき暗黒の日(2) 世界株安と円高再び フレディーマック・ファニーメイ・RMBSとナイトの不確実性」もご覧ください)

---

(7/2追記)

世界の失業率比較

日本   (5月)   5.2%
アメリカ (5月)   9.4%
カナダ  (5月)   8.4%
イギリス (4月)   7.2%
ドイツ   (6月)   8.1%
フランス (1-3月) 8.7%
イタリア (1-3月) 7.3%

世界全体 (ILO予測) 6.5~7.4%
[PR]
by kanconsulting | 2009-06-30 13:49 | 経済状況
<< 土地の価格と日本の未来 路線価... 日本人2人が13兆円のアメリカ... >>