<   2004年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヘッジファンドへの投資(2)

今日は、
・ヘッジファンドって何ですか。
・ヘッジファンドは、普通のファンド(投資信託)と違うのですか。
・なぜ、そういった破綻本で紹介されるのですか。
・安全確実に儲かるって、本当ですか。
・どこで買えますか。
の話をいたします。

ヘッジというのは、何らかの値動きに対して、それによる損をカバーするように工夫する、というくらいの意味です。たとえば、相場全体が下げ相場であるときにも、それによる損をキャンセルするというのが本来の意味です。

それから派生して、「どんな相場状況でも利益がプラスになるように、従来の伝統的な手法の範囲を超える積極的な運用を行う」ファンドのことを言います。

そのことにより、たとえば株・債券などに投資している人が、それらとあまり相関のない投資をすることで全体のリスクを低減したい、という場合に適しています。

いわゆるヘッジファンドが普通の株投資信託と違うのは、おおむね次の点です。

・目標は、絶対リターンがプラス(たとえば3年平均で+20%など)です。
・借り入れを行って投資をする。手元の資金の何倍かの資金量を動かすことになる。
・買い→値上がりを待つ→売り、だけではなく、空売り→値下がりを待つ→買い戻し、も行う。
・投資対象は、株・債券だけでなく、先物、為替など、値動きするものならなんでも対象とすることも多い。
・規制にとらわれない投資を行うために、規制の緩やかな地域・形式で行われることが多い。
・運用方針は、ファンド会社・ファンドマネージャーにより大きく異なります。
・報酬(手数料)は、利益の一定割合としていることが多いです。ファンドの成績がマイナスの場合は、報酬がない、ということです。
・複数のヘッジファンドに投資する、ファンドオブファンズもあります。

有名どころとしては、2大ヘッジファンドである「マン」「クワドリガ」でしょう。それ以外にも、「フォサイス」「エフエムジー」「テムズ川」「オーエム」なんてのもありますね。それに、最近取り込み詐欺で逮捕者を出した「シーエスエー」もありましたね。

それぞれ、特色あるファンドを出しています。株・債券・為替・先物をどのくらいの割合で組み合わせるか、それぞれの運用手法をどれにするか、といった運用方針は、目論見書を読めば分かります。

ヘッジファンドは、株や債券よりも値動きが読みにくく、透明性が低い、というのも特徴です。

最近は、トレンドフォロー型のヘッジファンドが人気のようです。マンの先物ファンドはたいていこれですね。値上がり・値下がりを問わず、値動きに乗っかって、コンピューター計算でデイトレードのように小刻みに利益を出していこうとするものです。今年はこのタイプは、ずいぶんと苦戦をしましたね。

たとえば「クワドリガ・GCT・ユーロ建て」は、今年春に高値をつけて以来、25%も安値になっています。そもそもこのファンドはボラティリティ(変動率)が大きいというのが特徴ですので、それで普通と言われればそうなのです。

「安全確実に儲かるって、本当ですか?」については、
「それは嘘です。」
としかいいようがありません。確かに、トレンドフォロー、鞘取り・裁定取引などは、相対的に値動きという意味でのリスクは少ないと思います。リスクをおさえると、期待リターンが小さくなるのが世の常です。ですので、ファンドマネージャーは「市場の非効率な点、つまりお金の落ちている場所」を見つけようと努力しています。

安全という意味では、元本確保型ヘッジファンドが注目されていますね。これは、投入資金の大半をアメリカ国債などの超低リスク資産に投資して、数年後に一定額の確保を行います。残りの資金で積極運用を行う、といったパターンです。悪くはないのですが、信託報酬(運用手数料)が投資の全額に対してかかってきますので、投資知識のある方なら、自力で元本確保を行うほうが分がいいでしょうね。

「どこで買えますか?」については、
「日本の法律には沿っていないファンドが多いため、日本の銀行や証券会社では買えません。」
「その場合、自力で海外のファンド会社に注文するか、代理人(エージェント)を通して買うことになります。」
となります。マンのファンドは、一部を除き、すべて代理人を通すことになります。自力の場合、申込書は英語、海外送金も自分、やりとりも全部英語です。慣れない人にとっては、苦行以外の何物でもないでしょうね。

「なぜ破綻本にヘッジファンドの紹介が多いのですか?」については
「金融危機では、株・債券などの伝統的資産はダメージを受けるだろう」
「しかし相場全体の値下がりをヘッジできるヘッジファンドは、ダメージが小さかったり、逆に利益に変えることができるという期待がある」
それ以外に、
「代理人に対する販売報酬・キックバックがあることも見逃せない要素」
と考えます。

つまり、代理人が信頼できるかどうかも重要なポイントである、ということです。

さて、本当の恐慌を想定した場合、株・債券・通貨のすべてが運用対象として不適となります。そのような危機に際して、ヘッジファンドだけが生き残れるという保証はありません。また、LTCMのように、運用方針の目論見が外れて、破綻するファンドも少なくありません。

---

海外銀行を使うテクニックは「国家破綻に勝つ資産保全 オフショア編」
海外ヘッジファンドへの投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」
海外証券会社を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
外国為替取引(FX)を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 FX編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-29 01:41 | 資産保全一般

ヘッジファンドへの投資(1)

最近、いろいろな本、特に「破綻本」にて、いわゆるヘッジファンドの紹介が見られるようになりました。

・ヘッジファンドって何ですか。
・ヘッジファンドは、普通のファンド(投資信託)と違うのですか。
・なぜ、そういった破綻本で紹介されるのですか。
・安全確実に儲かるって、本当ですか。
・どこで買えますか。
・いいヘッジファンドは、どう見分ければいいですか。
・詐欺ファンド、破綻ファンドもあると聞きますが、どうですか。

について、しばらくは書いていきたいと思います。

また、とある本には「オプション取引」を勧める記述もありました。しかしながら、MMFと同列にオプション取引を記述するのは、あまりにも読者に対する配慮がなさすぎと思います。

・オプションのメリットとデメリット
・なぜ、初心者向きではないか
・日本で買える(売れる)オプションはこんなに少ない
・結局、アメリカ市場

についても、書いていきたいと思います。

---

海外銀行を使うテクニックは「国家破綻に勝つ資産保全 オフショア編」
海外ヘッジファンドへの投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」
海外証券会社を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
外国為替取引(FX)を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 FX編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-25 03:00 | キャピタルフライト

シティバンク プライベートバンク部門撤退

先週は、日本の財政状況についての講演を行いました。
準備もそれなりに大変だったのですが、おかげで実りあるものとなりました。
本職というべき、地方議会の議員さんもおいでだったと、後で聞かされて驚きました!
内容については、データに関してはよく調べてあるとのご意見をいただいています。

さて、表題の話ですが

金融庁は17日、シティバンク在日支店に対しプライベートバンキング業務を手掛ける全4拠点の営業認可取り消しや、新規の外貨預金業務の一時停止などの処分を発表した。
処分を受けてシティバンクはプライベートバンキング部門を閉鎖、世界最大の金融機関が日本での主要業務を失うという異例の事態となる。
(9月18日日経)

金融庁は、シティバンクの国内支店が富裕層向け業務で犯罪への関与が疑われる顧客との取り引きを推進するなど重大な違法行為を繰り返したとして富裕層向けの業務を事実上全面的に停止することなどを命じる行政処分を出しました。
(NHKニュース09/17)

 同支店では、元社員が顧客から約8億6300万円をだまし取った詐欺の罪で今年6月、実刑判決を受けており、金融庁は社内の法令順守体制が不十分と判断した。また、預かった顧客資産の管理がずさんであるほか、検査への対応にも非協力的な面があり、同庁は内部管理体制を問題視している。
 同支店は国内最大の外資系金融機関だ。富裕層を対象としたプライベートバンク部門は、資産1億円以上を保有する顧客などを対象に、資産運用や融資業務などを行っている。同支店は、2001年にも銀行法や証券取引法に違反して有価証券の売買仲介業務などを行ったとして、担当部門の業務停止処分を受けたほか、顧客情報の入った磁気テープを委託先のシンガポールのデータセンターが紛失し、今年6月に内部管理体制の見直しを求める業務改善命令を発動されている。
(読売新聞9月5日)

このブログでも何度かとりあげたシティバンクですが、プライベートバンク部門は1年以内に完全撤退することになります。行政処分に対する不服申し立て、行政事件訴訟はしないようですね。今のところ、個人向けリテール部門は撤退しないことになっているそうです。もし国内からリテールも撤退することになれば、海外とのゲートウェイとして使える銀行はかなり限られてきますね。

他にゲートウェイとして使えそうなのは

・ゴーロイズ(ロイズTSB日本支店のサービス)
・ブラジル銀行
・一部の為替取引業者
・郵便貯金(円送金)
・オーストラリアニュージーランド銀行、香港上海銀行などの日本支店(それぞれのネットワークへ送金)

と、使い勝手や便利さの面から、なかなか難しい領域になってきますね。

a0037933_014779.jpgメインページ:2912ヒット
ブログ:5,598ヒット
09月 05日~09月 11日 1,059 151.3
08月 29日~09月 04日 849 121.3
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-19 00:00 | 海外銀行

ヒット数

かん@管理人です。多数の皆様にご覧いただきありがとうございます。
メインページ:2668 ヒットを記録しました。

このブログは4481ヒットを記録しました。ありがとうございます。
a0037933_21463960.jpg
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-11 21:44

外貨預金、外貨MMF、為替保証金取引

最近は、理論やデータの話が多く、ブログでは実践から遠ざかっておりましたが、実はこつこつと外貨投資を行っておりました。その話をいたします。

①外貨預金

最近は、都市銀行でも高利率の外貨預金を扱っていますね!
たとえば、ある銀行ではUSドル定期預金10%!別の銀行ではNZドル定期預金14%!
しかし、
(1)為替手数料が大きいこと(高金利通貨ほど手数料が大きい)
(2)キャンペーン金利(1年のうち最初の3ヶ月だけ優遇金利、あとは普通の金利など)
に注意しなければなりません。
このNZドル定期預金は、為替手数料が片道5.5円です。
つまり、NZドル=71円とすると、買いは76.5円/NZD、売りは65.5円/NZDです。
(基準レートからの開きを「片道」「スプレッド」と言ったりします。これが銀行の儲けになります。)

1万NZドルを1年間14%定期で預けるのに、為替の変動がないとすると(これも無理のある仮定なのですが)
初期 10000NZD=76.5*10000=765000円
運用 10000NZD*1.14(14%)=11400NZD 1年間
結果 11400NZD*65.5=746700円 
つまり -2.4%のマイナス金利です!14%なんて表示するなんて詐欺まがいと言われても仕方ありません。

イギリスポンド、NZドル、カナダドルなどの流通量の少ないマイナー通貨は、スプレッドが2~4円と大きいので、「日本の都市銀行での外貨預金はお勧めしません」。

シティバンクは、どの通貨でもスプレッドが1円なので、それらよりは多少良心的と言えますが、金利は普通です。ちなみに、為替手数料を抜いた利率を表示することは、法律違反(詐欺まがい?)であるとして、政府から摘発を受けているようです。

>今年5月28日には、公正取引委員会から、外貨定期預金の広告で為替手数料を差し引く前の受け取り利息を強調し、受け取れる金額が高いかのように示したのは景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして、文書で警告を受けた。
>シティバンクが平成14年12月から今年3月にかけ、オーストラリア・ドル建ての外貨定期預金「マンスリースマイル」の広告で、為替手数料を差し引く前の金額を受け取り利息として表示していたというものだった。
(http://www.zakzak.co.jp/top/2004_09/t2004090314.html)

しかしシティバンクは、外貨預金をそのままトラベラーズチェックにでき、海外送金の扱いにも慣れており、手数料の面でも他の都市銀行に比べるとはるかに「まし」ですので、海外への送受口座として持つ分にはいいかと思います。

私も海外とのゲートウェイとして使っています。

②外貨MMF

基本的には外貨預金と同じようなものなのですが、
(1)為替手数料が安い。たとえば、スプレッドは、ドルだと0.5円、ユーロ・豪ドルだと0.75円
(2)金利が銀行の普通預金よりは良い。
(3)外国籍(ルクセンブルクなど)の投資信託なので、証券会社の倒産でも保全されるはず。資産保全としての安心度が高い
(4)(デメリット)投資先の債券がデフォルトになれば、元本割れになる
という特徴があります。

少しずつ時機を見ながら外貨を買い付けたい、という場合に重宝しています。私もこつこつと買っています。

野村證券の外貨MMFは、買い付けた外貨MMFを解約した外貨を、国内なら外貨のまま送金してくれます。国内での外貨の扱いは高くつくことが多いので、これは非常にいいサービスです。もちろんシティバンクの国内支店の口座にも送金してくれます。

つまり、野村證券+シティバンクの組み合わせで、シティバンク単体よりも有利に外貨両替ができることになります。

③為替保証金取引

いろいろと問題があると指摘されている為替保証金取引ですが、外貨両替として使うことができます。

(ご注意)
・為替保証金取引は、リスク管理ができない方にはお勧めしません、投資の全額を失う可能性があります。①②のステップをご理解のうえ、純粋に外貨両替としてお使いください。
・また、業者・会社の信用リスクにも十分ご注意ください。一般に銀行や証券会社よりもリスクが大きいと理解されています。

・私は特定の業者の紹介・斡旋はいたしません。

そもそも為替保証金取引が、外貨預金、外貨MMFと大きく違う点は、
「頭金を預けて、その10倍程度の資金を会社から借りて、為替の変動による利ざやなどを稼ぐ投資(投機)」
「外貨預金は、まず最初に円→外貨の『円売り外貨買い』だが、為替保証金取引は『円安になると予想すれば円売り外貨買い』『円高になると予想すれば外貨売り円買い』のどちらもできる」
「10万円の資金で、100万円相当の取引ができるので、為替の変動での儲けは10倍、損も10倍。たとえば、1ドル100円で、為替レートがよいほうに10円変動すると、元の資金は2倍。しかし、悪いほうに10円変動すると、元の資金は文字通りなくなってしまう、ハイリスク取引。外貨預金・外貨MMFと違い、日々決済されるため、含み損を抱えたままホールドすること自体ができない。」
「金利(正確にはスワップ)は、『((買った通貨の金利)-(売った通貨の金利))*(レバレッジの倍数)』となる。引き算になっているのは、自分に入るべき金利から、会社から借りている金利を差し引くため。円売りでは、おおむね10%以上の高金利となるが、円買いでは、マイナス金利となる。」

そのような取引も可能なのですが、単純に外貨両替として使うことができます。
(1)為替手数料が安い。たとえば、スプレッドは、どの通貨でも0.1円、場合によっては0.05円など
(2)為替レートがリアルタイムに更新され、24時間取引可能。
(3)扱っている外貨の種類が多い。
(4)しかし、扱う通貨単位が10000ドル、10000ユーロ・・・などと大きい。
という特徴があります。
(5)会社によっては、買い付けた外貨を直接、海外銀行口座に送ってくれるところもある。

うまく①~③を使い分けることが、ポイントと思います。

どなたにもお勧めできることではありませんが、最近円高になってきたので、③の外貨保証金取引で、相場勘を養うためとスワップ金利狙いで、長期ポジション保有を始めています。円高での損を限定するために、ストップ決済注文も入れています。

現在のところ、日本の低金利を反映して、(チャートは最近2年分の日足)

a0037933_204386.jpg
(ユーロ) 10000円に対してスワップ金利7円/日 → 年換算で約25%(手数料引:約24%)

a0037933_21626.jpg
(豪ドル) 10000円に対してスワップ金利10円/日 → 年換算で約37%(手数料引:約35%))


となっています。日本では10%を超える金利は怪しい以外の何物でもないのですが、こういう計算も可能です。ユーロも豪ドルもボラティリティ(変動率)が高く、リスクを限定するための損きりラインにて設定しているストップ決済にかかってしまうかもしれないので、必ずしも年20~30%の高利率になるわけではありません。
(重要)損きりをしない長期ホールドは、ハイリスクミドルリターンというべきでしょう。

(ご注意:このような投資は、どなたにもおすすめできるわけではありません。リスクを十分理解し、外貨投資に十分親しんでから行ってください。)
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-07 02:08 | 資産保全一般

国家破綻を回避する方法(2)

先日のブログで、長期金利と名目GDP成長率について述べましたが、さらに、

・債券投資にも当然リスクは存在し、リスクプレミアムも存在します。国債のリスクプレミアムについては、たとえば「円建てイタリア国債の金利<日本国債の金利、その差は約0.15%」「アメリカ国債の金利<ドル建て日本政府保証債券の金利」「円建て世界銀行債券の金利<日本国債の金利」とする調査結果もあります。いずれも日本国債は、比較に挙げた債券と比較してリスクプレミアムが大きいということを示しています。

・日本国の財務状況に対する懸念から、ここ数年間は、リスクプレミアムが増大すると考えられます。リスクプレミアムの向上分、長期金利が一定なら、期待される名目成長率は低下するはずです。あるいは、名目成長率が低下しないなら、長期金利が上昇するのではないかと思います。

・日本人は円資産が好きなので、それほどリスクプレミアムは向上しないかもしれません。日本国民が最後まで買い支えるなら、低い格付けほどには国債のリスクは高くないだろうということになります。しかし、引き続き円資産を持つか、その他の資産に乗り換えるかは自由意志による選択ですので、なんら保証はありません。

・1400兆円の個人金融資産、膨大な対外純資産(フローでは貿易黒字)は、当たり前ですが国のものではなく個人・企業のものであり、勝手に使うことはできません。ちなみに私は「国民金融資産があらかた国公債になってしまったら、買い付け余力がなくなってしまうのではないか」と推測します。

と考えます。

このままでは破綻は回避できない日が来ます。そこで、財政を破綻させないための対策が必要なのです。私は技術者ですので、産業からの視点から「プライマリバランス達成と、内需の拡大による景気の維持の両立」について、考えていきたいと思います。

経済成長の本質的な原因は、「技術革新」ではないでしょうか。これまでの課題や、困っていたことを解決するブレークスルーを達成できるイノベーションだと思います。そしてそれが新たな需要を創出し、対外的には外貨を獲得する原動力になると期待しています。具体的には、いろいろあると思うのですが、エネルギー関連、医療関連、そして私の従事する化学分野においても芽はあるのです。

19世紀のイギリスに見るように、産業革命はGDPの3倍もの国家債務を返済することを可能にしました。現代日本は、アジア諸国の追い上げにあっているとはいえ、まだ世界最高レベルの科学技術力を有しているとされています。

『そんなに都合よく技術革新ができてたまるか。そんないつできるか分からないものに国家破綻が救えるわけがない。絵に描いた餅だ。』と思われる方もいるかもしれません。しかし、金融政策だけで国家破綻を回避できるわけではありません。かならず実体経済の復活が必要なのです。そして、それは従来型の公共投資などではないと思っています。

しかし、日本の財政を懸念して、主要な企業が国外に経営資源(本社機能、工場、研究所などの資産、有能な人材、ノウハウなどの無形財産)を移してしまったりすると、技術革新は遠ざかることになります。あまり時間は残されていません。
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-05 04:03 | 経済状況

ヒット数

かん@管理人です。多数の皆様にご覧いただきありがとうございます。
メインページ:2426 ヒットを記録しました。
メインページへの記事移動も、順次進めてまいります。

このブログは3,448ヒットを記録しました。ありがとうございます。
期間              全体訪問者 1日平均
08月 29日~09月 04日 849     121.3
08月 22日~08月 28日 690     98.6
08月 15日~08月 21日 744     106.3
08月 08日~08月 14日 448     64
08月 01日~08月 07日 305     43.6
07月 25日~07月 31日 260
07月 18日~07月 24日 148
全体訪問者数 3,448
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-05 01:08

基本に戻って現状認識

最近は、経済学についての記事が多く、皆様に少し敬遠されてしまったかもしれません。「難しい話はいいから、結局日本はどうなんですか?」と思われている方に、再度、現状認識という意味で、整理してみたいと思います。私は、

・日本政府をフロー面からみると、歳入の約半分が国公債であり、平時の(戦時中でない)国の財政構造として、明らかに異常である。(http://gijutsu.exblog.jp/930501/)
・ストック面からみると、日本の国公債残高の対GDP比は、先進国中トップであり、当面減る見込みはない。これも異常である。
・格付け会社ムーディースなどによる日本国債の格付けに見るように、「政府は信用され続けています」とはとても言えない。(図・解説は、ヨミウリオンライン2004年3月25日より)
a0037933_11232684.gif


・スタンダード・アンド・プアーズ(S&P):景気回復の動きが広がり、民需主導で経済成長が見込めると判断した。しかし、格付け自体については、「上昇と低下の可能性は相半ばしている」と、慎重な判断。
・ムーディーズ・インベスターズ・サービス:日本の債務状況を向こう数年間予想した結果として、日本国債の格付けをボツワナ以下に引き下げた。今のところ格付け見直しはない。
と述べます。

参考:平成15年度の国際収支状況(速報)
http://www.mof.go.jp/bop/pg15fy.htm

また、過去のブログと皆様から頂いたコメントご意見を参照していただけるようにしました。これも、そのうち文章を整理して、メインページに移していきます。

日本国と日本銀行のバランスシート、日本銀行の紙幣の価値について

景気が回復すれば、税収も増加して、破綻は遠ざかるのではないでしょうか?答えは「いいえ。景気が多少回復しても、数年は破綻は遠ざからない」です

現状並みの政策を続けて、本格的な内需振興策・抜本的な財政再建策が実施されない場合、国債償還が不可能になる真性の財政破綻になる
(http://gijutsu.exblog.jp/900300/)
(http://gijutsu.exblog.jp/848838/)

これだけ大量の国債を発行しているのに、なぜ金利は2%以下で安定しているのか?また、財政が赤字だから破綻するとは言えないのではないか?」に答える
(http://gijutsu.exblog.jp/930501/)

巨額の公的長期債務の原因と、それに起因する国家破綻を回避する方法
(http://gijutsu.exblog.jp/937027/)
(http://gijutsu.exblog.jp/936114/)

これについて、私は「国家破綻を希望しないが、データは厳しい現実を示している。個人・家計レベルでは何らかのリスク対策が必要である。」と主張します。

国家レベルでは、破綻させないための対策について、今考えているのは、「プライマリバランス達成と、内需の拡大による景気の維持の両立」についてです。
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-04 12:07 | 経済状況

ジム・ロジャーズ

先ほど、テレビ東京系の日経ドキュメンタリーで、「カリスマ投資家ジムロジャーズとデイトレーダー」を見ました。1週間前から楽しみにしていたテレビで、今日はそのために早く帰ってきたくらいです。

もちろん楽しみなのは「世界を旅する投資家」ジムロジャーズです。
デイトレードは「そんな時給の低い投資(投機)はやるつもりがありません」。

ジムロジャーズについての内容を簡単に書くと、

・アメリカ株は、売りだ。
・日本株は、今後5年くらいはホールドだ。
・しかし、出生率などから、日本は長期では期待できない。
・商品(コモディティ)は、今後15年ぐらい上がりつづけるだろう。
・今年~来年に、中国株式のハードランディングを予想している。
・しかし、長期では、中国には期待できる。

といったところでしょうか。

私も、自分の投資方針が間違っていなかったことを再確認しました。
(まあ何にしても「絶対」はないのですが。。。)

a0037933_2318333.jpg
冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行

a0037933_23132978.jpg
冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界大発見
[PR]
by kanconsulting | 2004-09-01 00:17 | 経済状況