<   2004年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

国の財政赤字(2)

ヘリコプターマネー(ヘリマネ)という言葉があります。これは、ヘリコプターから現金をばら撒く、転じて、国が国民に無条件にいくばくかの現金を与える、という意味です。世の中に出回るお金の量を増やして、経済を活性化させるという効果があると期待されています。

これが、現状のデフレ退治に効果がある、しかも実質上国の負債は増加しない、という経済学者がいます。

しかし、これまでこのブログなどで指摘しているように、

・このようなヘリマネは、結局は、国債を発行してその分減税しているのと同じ。
・減税の乗数効果は大きくありません。(公共投資のような「膨らし粉」効果はないということです)
・ヘリマネや減税による景気対策は、結局、財政の維持可能性を小さくします。

データがなく推測でしかものを言えませんが、このように指摘します。

もちろん、異論があると思います。しかしながら、

・もし仮に「減税やヘリマネには、財政支出以上の効果があるのだ」としても、国民自身が減税やヘリマネを行えるわけではありません。

とも指摘します。そうすると、国民自身が行える対策は

①国全体の経済を活性化させるために、どんどん支出を増やす
②国債を購入するなど、円立てで安全な資産にシフトする
③外貨建て資産へのキャピタルフライトなどで資産保全を行う

くらいでしょうか。

①は、総額人件費が抑制されるご時世ですので、なかなか厳しいでしょうね。物価と賃金の両方が下がるのが負のスパイラルです。
②これまで当ブログなどで指摘していますように、全然「安全な資産」ではありません。
③確かに資産保全にはなるのですが、合成の誤謬といいますか、国民全員が資産保全できるわけではありません。

そうこうしているうちに景気が回復してくれればいいのですが、税収増よりも長期金利の上昇が先に来そうな感じですね。
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-25 00:23 | 経済状況

国の財政赤字

本業がきつく、更新が遅くなり失礼しました。あらためて現状認識を書きたいと思います。

これまでに何度も書いていますように、

「国の財政赤字は、そう意図するかどうかにかかわらず、国民が負担すべきものである」
「普通の国民にとっては大問題だが、払うつもりがない人にとっては大したことではない」
「大切な国民の資産は、すでに政府の財政赤字の穴埋めに使われている」

と思います。これを解決するのは、地道に負債を減らしていくしかありません。インフレターゲットの有効性は私には分かりません。いずれにせよ、国民が直接対策を打てる種類の現象ではありませんので、

「投票に行き、国民としての意思表明をする」
「それとは別に、個人レベルでのリスク対策が必要」

と提言しています。後者は、具体的には

「円資産はリスク資産と認識する」

が出発点と思います。
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-20 08:32 | 経済状況

ブログ10000ヒット突破ありがとうございました

かん@管理人です。多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ ヒット数:4073
ブログ     ヒット数:10,278

期間 全体訪問者 1日平均
10月 03日~10月 09日 1,136 162.3
09月 26日~10月 02日 1,274 182

a0037933_16534587.jpg
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-16 16:53

ヘッジファンドへの投資(5)

以上で、ヘッジファンドの概説は終わりです。

具体的な収益戦略である
「ロングショートって何ですか、なぜ儲けが出るのですか」
「裁定取引って何ですか」
「マーケットニュートラル、イベントドリブンって何ですか」
などなど
については、別途記述しようと思います。

「ロングショート」「裁定取引」については、別にヘッジファンドでなくても、個人でも行うことができる投資方法です。たとえば
・ロングショート例:同一セクター(業種)で、割安株をロング(買い)、割高株をショート(空売り)を同額、組み合わせる
・裁定取引例:為替証拠金取引で、高金利通貨の買いポジションを立ててスワップ(金利裁定、少し違いますが)を受け取る

実際にするとなると、それなりに相場観や知識、まとまった資金量が必要です。それをプロに任せるという意味でファンドがあるのでしょう。

「国家破綻対策として、ヘッジファンドに投資したいのですが」
という人もいるかと思います。その場合の注意点は、

・そもそも「外貨建て」の「海外」投資ですので、そのリスクがあること
・自力で購入する場合には、英語と海外送金が面倒なこと
・エージェントを使う場合には、取り込み詐欺の可能性が否定しきれないこと
・ヘッジファンド自体も、詐欺ファンドの可能性があること
・まともなヘッジファンドでも、かならずしも儲かるわけではないということ
・購入手数料、年間管理手数料、解約手数料があり、長期保有が前提であること
・ヘッジファンドだけに投資するのはポートフォリオバランスが悪くお勧めできません

でしょうか。

a0037933_1047337.jpg☆ブログ 訪問者数:9,539
10月 03日~10月 09日 1,136 162.3
09月 26日~10月 02日 1,274 182

☆メインページ 訪問者数:3860

---

海外銀行を使うテクニックは「国家破綻に勝つ資産保全 オフショア編」
海外ヘッジファンドへの投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」
海外証券会社を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
外国為替取引(FX)を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 FX編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-11 10:44 | 資産保全一般

ヘッジファンドへの投資(4)

ヘッジファンドについては、もう少し書き足して行くつもりです。

一言でヘッジファンドと言っても現在は乱立状態であり、玉石混交どころではなく、石だらけといったところでしょう。

そして、ヘッジファンドへの投資は絶対ではありません。それはどのような投資でも同じことですが、特にヘッジファンドの場合は、戦略の分かりにくさ、手数料の高さ、最低投資額の大きさなどが、「ちょっとやってみようか」と思わせにくい要因となっていると思います。

「詐欺ファンドの見分け方」については、カストディアンに着目すること、国際的に通用するナンバーの有無、プライベートバンクで扱うことができるかどうか、でほとんど判明します。何にしてもそうですが、「不安を煽ることで投資させる」というのは「まず、危ない」と思って間違いないところでしょう。まずは幅広く情報を集めることです。

規制が厳しい日本にも少しずつですがヘッジファンドの情報が入ってきており、これまで独占的に手数料を儲けていた仲介業者にも、選別の風が吹いてくることと思います。それは好ましいことです。

現在は本業が多忙で失礼しています。今月後半からは、「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」を作成し始める予定です。

---

海外銀行を使うテクニックは「国家破綻に勝つ資産保全 オフショア編」
海外ヘッジファンドへの投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」
海外証券会社を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
外国為替取引(FX)を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 FX編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-08 01:04 | 資産保全一般

ヘッジファンドへの投資(3)

今日は
・いいヘッジファンドは、どう見分ければいいですか。
について書きます。

いいヘッジファンドというのは、難しいですね。
まずは、
①過去のパフォーマンスをチェックする。ただし参考にしかならない。
②見るべきポイントは、リターンとボラティリティ(変動率)。そして、シャープレイシオ。その点では、過去3年くらいの運用実績があることが好ましい。
③さらに、目論見書を読み、形態(株式なのか、債券なのか)、運用方針、資金量、満期、ファンドマネージャーの経歴、カストディアン(信託銀行)、会計監査、手数料、FOFはサブファンドなどをチェックする。元本確保の場合はその仕組みをチェックする。
④購入方法、払い戻し方法、エージェント(代理人)を確認する。

<過去のパフォーマンス>
参考にしかなりませんが、一番見る点ではないでしょうか。やみくもにリターンが高いものがいいというわけではありません。
リターンとボラティリティのバランス、シャープレイシオをチェックすれば、将来どれくらい損をする可能性があるかが計算できます。そして、その損を引き受ける覚悟があるかどうかを自問自答します。

<運用方針のチェック>
これは言うまでもないことですね。しかし個人で最初からすべての運用方針を理解するのも難しいでしょうから、投資しながら勉強するのも悪くはありません。
よくあるのは
・先物分散プログラム(クワドリガAG/GCT、浅井本に紹介されているマン・ADPなど)
・ロング・ショート(いろいろあります)
・裁定取引(マン・アービトラジなど)
・通貨先物プログラム(マン・AHLカレンシーなど)

レバレッジの倍数もおさえておきたいポイントですね。

ファンドオブファンズの場合は、そのサブファンドが公開されている場合があります。公開されていればチェックしましょう。

元本確保の場合は、その仕組みをチェックしましょう。国債などの債券を買う場合と、そうでない場合があります。

<カストディアン(信託銀行)>
ヘッジファンドに限らず、投資信託は、
「実際の運用は、ファンド会社は行いません。指示を出すだけです」
「資金の運用・保管は、カストディアンが行います」
「ファンド会社が倒産しても、カストディアンが倒産しても、信託法に基づいて、顧客の資金は保全されます」
ですので、カストディアンの信頼性(格付け)が重要です。たとえば、ロイズ、ソシエテジェネラルなどがよく使われていますね。ちなみに、国内の信託銀行は、世界レベルでは到底お話にならない格付けの低さです。

カストディアンが、ファンド会社の系列の場合は、資産の分別について事実上チェックが入らないことがあります。ご注意ください。

<代理人・代理店、エージェントについて>
ファンドを購入するにあたってエージェントに依頼する場合、購入できるエージェントは、通常複数存在します。大事なお金と個人情報を一時的にでも預けるのですから、その選択が重要です。
①カストディアンに送金するのではなく、エージェント事務所・個人が送金先になっている場合は、要注意。十分確認してください。
②高額な手数料を請求するところは、質が悪い可能性があります。年会費を取るところも同じです。良心的なエージェントは、顧客から手数料を取らなくても、ファンド会社からの代理店報酬で十分やっていけます。
③ファンド会社に、そのエージェントが正規かどうか確認しましょう。

私は特定のエージェントを推奨しません。メールを頂いても紹介いたしませんのでご注意ください。

a0037933_2162539.jpg
☆ブログ 8,240 ヒット
09月 26日~10月 02日 1,274 182
09月 19日~09月 25日 1,353 193.3

☆メインページ 3521 ヒット

---

海外銀行を使うテクニックは「国家破綻に勝つ資産保全 オフショア編」
海外ヘッジファンドへの投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ヘッジファンド編」
海外証券会社を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 ETF編」
外国為替取引(FX)を使った投資は「国家破綻に勝つ資産保全 FX編」
を参照ください。
[PR]
by kanconsulting | 2004-10-03 02:12 | 資産保全一般