<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日本株式投資の真実

皆様は、日本株式への投資についてどのようにお考えでしょうか?

小職は、以前から次のように考えていました。
①日本株式は、人口動態などから、今後長期での成長が期待できない。
②日本株式は、外国株式に比べて、株価の割に利益が少ない。(PERが高い=長期投資は不利)
③日本株式は、投資家への還元姿勢が弱い上に、投資家を損させるような姿勢が見られる。
④特に、今後の日本が財政破綻を迎えた場合には、日本株式は紙くずとなる可能性がある。

①②④については、これまでも何回も取り上げたので、再度の説明は行いません。

また、日本株式では額面発行増資が廃止され、すべて時価発行増資となったことから、長期投資を日本株式で行うのは難しいと言えるでしょうね。

国の機関である「証券取引等監視委員会」の、投資家との意見交換会においても、「昔は額面増資や無償増資など、株主に対するサービスが多く、本当の意味の長期的な投資ができたが、現在、株を買うメリットは値上がりして儲かることしかなく、投資家が証券市場に入りにくい環境である」との指摘があったということです。

③については、少し説明の必要があるでしょう。

(投資家への還元姿勢が弱い)
・配当利回りが低い。(配当は、エクイティの理論や税制からは必ずしも投資家還元とは言えないのも事実ですが、利益を留保して変な財テクをするくらいなら、配当してもらったほうがマシです)
・自社株買いなどが弱い。(配当よりも自社株買いのほうが、投資家にとっては有利です)

※自社株買いとは 自社の株式を市場で購入すること。発行済み株式が減少するために、一株利益が向上し、既存株主の利益が向上するとともに、株価を下支える効果があるとされている。

(投資家を損させるような姿勢が見られる)
・エクイティファイナンス・IPOで、多量の株式が供給されている。(株主価値が希薄化している)
・MSCBなどの、既存の株主利益を損なう手段が安易に取られすぎている

※MSCBとは 転換価格下方修正条項付きの転換社債。通常の転換社債(CB)では、社債を株式に転換価格が事前に決められているが、MSCBでは株式時価より割り引いた価格で転換できる。MSCBの買手はほぼ確実に儲かるが、株価は下落し、しかも発行済み株式が増加して一株利益も減少するために、既存株主の利益は損なわれる。ライブドアがM&A資金調達のために発行したことで有名。

このように、日本株式は、「投資家への還元姿勢が弱い上に、投資家を損させる」のです。

---

さらに、昨今の株価回復について、「日経平均2万円は確実だ!次は3万円も視野に!」の声も聞かれるようになりました。ですが、よく見てみると、『今の日経平均はバブル時のピークの4割ですが、日本株式の時価総額はピークの8割に達している』のです。

大事なことなので、もう一度書きます。今の日経平均はバブル時のピークの4割ですが、日本株式の時価総額はピークの8割に達しているのです。これをバブルの再来と言わずして、何をバブルの再来と言うのでしょうか?

他方、海外に目を向ければ、優良な株式、優良なファンドが数多く存在しています。もちろん、ほとんどの日本人は知りません。このあたりの話は、「ETF・海外証券会社編」にて説明しています。

「どうしても日本株式で投資をして利益を上げたい!」と考える場合は、必ず、「正しい投資」を行う必要があります。このあたりは、別途レポートにまとめようと考えています。

---

(日本株式投資についての参考書籍)
すべて読んでみてください。全部買っても2万円です。リンクの張ってあるものは、アマゾンから購入可能です。アマゾンで購入すれば、3000円以上は送料無料です。

(入門)
「株式上達セミナー これで成功は約束された/林輝太郎」
「株式成功の基礎 10億円儲けた人たち/林輝太郎」

(初級)
「あなたも株のプロになれる 成功した男の驚くべき売買記録/立花 義正」
「自立のためにプロが教える株式投資/板垣浩」

(中級)
「うねり取り入門 株のプロへの最短コース/林輝太郎」
「ツナギ売買の実践/林輝太郎」

(上級)
「株式サヤ取り」の参考書籍
「売りのテクニック/林輝太郎」

---

「数が多すぎて3冊に絞ってほしい」と思うのであれば、「株式上達セミナー これで成功は約束された/林輝太郎」「あなたも株のプロになれる 成功した男の驚くべき売買記録/立花 義正」「自立のためにプロが教える株式投資/板垣浩」の3冊セットをお勧めします。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-28 00:10 | 資産保全一般

「相場師キヨヒサ」さんのメルマガ紹介

投資のメルマガは多いのですが、本当にためになるメルマガは少ないのが事実です。それは、以前の記事で「「儲かる株の本」「儲かる外貨取引の本」にはご注意」で「日本人には投資情報ダイエットが必要だ」と指摘したのと同じことです。

本日は、私も拝読しているメルマガを紹介します。

これまでに何度か書籍紹介した、「林輝太郎」(以前の記事「ファイナンシャル・リテラシー」で紹介しました)の流れを汲んだ、「正しい投資」をしている数少ない投資家であり、年間コンスタントに相場で利益をあげている相場師でもある、キヨヒサ氏のメルマガ「相場生活入門」です。

メルマガは無料で、まぐまぐ!のシステムを使って配信されます。以下のページから登録することが出来ます。

http://1magup.jp/battle/battle33a.php

今回は、キヨヒサ氏からこのブログを通じて登録いただいた読者様に「FX取引のレポート~パワーアップ版」のプレゼントがあります。もちろん無料ですが、期間限定です。この期間を逃すと、入手できないとの事です。

小職も、「FX取引のレポート~初版」を拝読しました。冷静な記述が、特にこれからFX取引をされる方に参考になるとお勧めいたします。しかも、「初版」にさらなる考察と加筆修正を加えた「パワーアップ版」が入手できるチャンスは、これを逃すと多分今後は無いと思います。

kanconsulting

---

「無料レポートの入手方法」

①リンク先でメールアドレスを入力しメルマガを登録してください。(無料)
②メルマガ登録後に出てくる画面から、”「たった7日でわかるFX取引の天国と地獄」はこちらで請求出来ます”という文字をクリックするとPDFファイルのあるページに移動します。
③移動先の画面で、「たった7日でわかるFX取引の天国と地獄」の所を右クリックで保存して下さい。(無料)

PDFファイルが見られないようでしたら、アドビシステムから、アドビリーダー(ADOBE READER)をダウンロード・インストールしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

---

(キヨヒサ氏からの紹介文)

FX取引で着実に儲けたい!でも、FX取引って何かわからない。
 
そんな方のためにFXの無料レポートを作りました。「たった7日でわかるFX取引の天国と地獄VER.2」がそれです。

希望者はここから、メルマガ「嫌でも頭が働きだす!脅威の裏100戦100勝術の正体」を登録すれば無料で入手出来ます。

http://1magup.jp/battle/battle33a.php

(;一_一) えっ? お前誰だって?

すいません。自己紹介が遅れ失礼致しました。メルマガ「相場生活入門」を発行している横澤清久と申します。私は、株と商品先物とFX取引の運用収入で生活しています。もう3年くらい毎年500~1000万円の運用収入があります。

今回、メルマガバトル用に作成したのが、「たった7日でわかるFX取引の天国と地獄VER.2」です。

VER.1は既にメルマガ読者向けに配布済みです。これが、感想の一部です。
http://han-rei.com/fxkansou.html

VER.2には、読者からの質問とその説明部分を追加し、よりわかり易い内容に仕上げています。
 
入手方法は簡単です。

今、私が参加しているメルマガバトルで、相手のメルマガを登録するだけです。このページからメルマガ登録して下さい。

http://1magup.jp/battle/battle33a.php

その後に出てくる説明に従っていけば、私のレポートが無料で入手出来ます。

私のメルマガを登録するかどうかは。レポートを読んでから決めて下されば 結構です。読むだけでも損はありません。

http://1magup.jp/battle/battle33a.php

(紹介文終わり)
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-27 21:33 | 資産保全一般

閲覧数

本業が多忙のため、更新やお返事が遅くなり、失礼しております。

当方からのメール送信が、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。

---

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:35,370  (ページビュー)
ブログ         ヒット数:120,434 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:7,085 (ページビュー)
合計          ヒット数:163,429

(ブログ)期間         全体訪問者  1日平均
11月 20日~11月 26日 3,281 468.7
11月 13日~11月 19日 3,431 490.1

【レポート配布について】

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」を作成いたしました。メインページからご請求ください。無料レポートの配布には期間制限があります。本年12月1日をもって締め切りとさせていただきます。

レポート「ヘッジファンド編」「オフショア編2.0」をご希望の方は、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。500名分となっています。

レポート「ETF・海外証券会社編」の頒布は、すでに「オフショア編」をお持ちの方に限定させていただいております。詳しくは、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。100名分となっています。

【KANバーチャルファンドについて】

KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。

【著作権について】

配布レポートの内容の転載・引用に対しては、民事裁判・刑事告訴を含めた、厳しい法的措置を用意しています。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-27 20:23 | 閲覧数

脱税防止へ55カ国と連携・政府が新たな枠組み

先日コメント欄でご紹介のありましたように、NIKKEI NETによりますと、

(引用開始)

脱税防止へ55カ国と連携・政府が新たな枠組み

政府は2006年度中に欧米アジアを中心とした55カ国と脱税を防止する新しい枠組みをつくる。海外税務当局の要請で国税庁が日本の法人や個人を強制調査(査察)できるようにして、海外送金を通した不正な所得の蓄積を各国と連携して摘発する。国境を超えた金融取引が活発になってきたことで脱税を取り締まる国際的な協力体制が必要と判断した。

政府は年末の与党税制調査会に示し、06年度税制改正大綱に盛る。来年の通常国会に租税条約に関する特例法改正案を提出したい考えだ。

(引用終了)

この記事は、従来のOECD税制の連携強化の流れなのでしょうね。そして相互主義の原則から、
「海外税務当局の要請で日本の国税庁が在日の法人や個人を強制調査できるようにする」
「日本税務当局の要請で海外の課税庁が日本の法人や個人を強制調査できるようにする」
の2本立てなのだと思います。

「租税条約に関する特例法改正案」について、注目したいと思います。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-23 02:14 | キャピタルフライト

財政破綻と、キャピタルフライトにおける合成の誤謬

小職のブログ「国家破綻研究ブログ」や、「日本国財政破綻Safety Net」さんは、「すでに日本国の財政は危険水準に到達しており、財政破綻の確率は分からないが、リスクに対する対処が必要である」という立場を取っています。

それでも、以下のような反論がちらほら見受けられます。

---

・財政破綻のリスクに備える行動をとる者が増えると、財政破綻が現実のものになる可能性が上昇すると思われる
・大勢がキャピタルフライトを行えば、それ自体が財政崩壊を引き起こすため、全体としては必ずしも最適な結果とはならない(合成の誤謬)
・したがって、財政破綻を信じる者を減らすことは、財政破綻を避けるために重要なポイントである

---

このように、
・個人が財政破綻へのリスク対策を行うことが、結果として財政破綻を促進する
・一種の取り付け騒ぎのようなもので、まだ生きているシステムを殺すことにもなりかねない
・だから、「個人が財政破綻のリスクを心配するのは杞憂」と考えさせ、「財政破綻を促進するような経済活動を行わせない」ことが必要だ
という主張があります。

この主張をもっと進めると、
・個人には、リスクを知らしめないこと、そして、リスク対策を行わせないことが重要だ
・財政破綻が起こった場合は仕方が無いとして、国民全体が痛みを負担することが必要だ
となるのではないでしょうか。

うがった物の見方をしますと、
・国民には、情報を開示せず、経済的回避行動をさせず、最後のツケを負担してもらう
・その裏側で、支配階級は、リスク回避を行い、逆に儲けるチャンスとする
と思われても仕方のない論理展開ですね。

何度も書きますが、このブログでは、「財政破綻が絶対来る!」とは一言も書いておりません。あくまでも、「財政破綻のリスクが気になる人とともに、その原因や対応策を考える」ことがメインテーマなのです。同時に、「危機感を煽るような商品は、破綻商法・詐欺商法の可能性があり、くれぐれもご注意ください」と書いているのです。

よろしくご理解ください。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-21 21:26 | 資産保全一般

閲覧数 15万ヒット達成ありがとうございます。

本業が多忙のため、更新やお返事が遅くなり、失礼しております。

外出から戻って、多数のメールを頂いて驚いています。時間がかかるかもしれませんが、かならずご返答しますので、いましばらくお時間をいただければ幸いです。

また、当方からメールを送信したのに、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。

---

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:34,586 (ページビュー)
ブログ         ヒット数:117,227 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:6,408 (ページビュー)
合計          ヒット数:158,221

(ブログ)期間         全体訪問者  1日平均
11月 13日~11月 19日 3,431 490.1
11月 06日~11月 12日 3,476 496.6


【レポート配布について】

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」を作成いたしました。メインページからご請求ください。無料レポートの配布には期間制限があります。本年12月をもって締め切りとさせていただきます。

レポート「ヘッジファンド編」「オフショア編2.0」をご希望の方は、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。 レポートの部数には制限があります。500名分となっています。

【KANバーチャルファンドについて】

KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-20 21:19 | 閲覧数

ファイナンシャル・リテラシー 投資のメンタル面 金を持てる器量・投資のルール・社会還元 経済的独立へ

以前のブログ記事「資産保全の本当の意味」で、次のように述べました。

(引用開始)

・「国家破綻に勝つ資産保全」の本当の意味は、増税とインフレが進行するスピードより速く、「本当の資産」を殖やすことです。
・そのためには、まず、会計と投資について学ぶことが必要条件です。(参考となる書籍は、ホームページ投資ブログにて紹介しています。)
・一日も早く、正しい投資に踏み出してください。
・あわせて、自分の心の中のお金に対するメンタルな部分を鍛えることが必要です。

(引用終了)

本日は、ファイナンシャル・リテラシーの重要な部分である「メンタル面」について説明します。

「株式上達セミナー/林輝太郎」の中で、FAI投資法について言及した箇所に、次のような記述があります。FAI投資法は、続ければ必ず1億円を達成することが出来るが、通常の投資家には想像のできない地道な継続が必要とされていることでも有名な投資法です。

(引用開始)

売買メンバーの1億円達成者71名以外は脱落者である。2名の方が亡くなられているようなので、実際の脱落者は65人である。1億円達成の数字は驚くべきものだが、脱落者も非常に多いわけである。
60名が1億円を達成して退会しているが、満足して退会した人は少なく、ほとんどが1億円になって恐ろしくなり、ノイローゼになってやめている。
「親戚から借金を申し込まれないか。断れば関係がギクシャクする。」「子供が誘拐されないだろうか」「強盗に入られないだろうか」と夜も寝られなくなり、顔は青ざめ、ひざの上に置く手も震えていたという。
このグループでは、新しい入会者には一人同伴者が決められ、グラフの書き方を教えたり、苦しいときには励ましたりしているのに、やはり1億円も儲かるとノイローゼになってしまうのだ。
・・・それから新しい入会者には「1億円以上を持てる(器量の有る)人間になれ」と精神論をぶつようになったという。

(引用終了)

また、フォトリーディングの日本における第一人者であり、「あなたの会社が90日で儲かる!」などの著書でも知られる神田昌典は著書「非常識な成功法則」で、次のように述べてます。

(引用開始)

『ズバリ、年収10倍になって、それで幸福がゲットできると思ったら大間違い。人生そんなに甘いものじゃない』

・・・実は、成功にはダークサイドが有る、と。成功するということは、光が当たるということだ。光が当たれば、影が濃くなる。そして、・・・影は、あなたの一番弱い部分で、噴出する。

病気になる。事故が起こる。家族関係が破綻する。人間関係のトラブルが起こる。詐欺に遭う。腹心に裏切られる。などなど

・・・天才経営者と持ち上げられたと思ったら、地に落とされる。年商1000万円から年商5000億円の流通グループに育て上げた元ヤオハン会長の和田一夫氏は、成功の絶頂で見事に倒産した。・・・彼は生長の家の教えを経営の根幹にすえて、その教えを実践するビジネスを展開してきた。和田氏は、一点の曇りも無いほど本当に清らかな心を持っている。そんな人ですら、驕りの心が芽生えたとおっしゃるのである。

ということは、私のようないい加減な人間は、このまま順調にいくと考えるほうが間違いなのである。それはありえないのだ。私は、お金持ちになったらそれでスゴロクがあがると思っていた。ところが、そうじゃないんだ。あがりと思ったとたんに、振り出しに戻ることを覚悟しなければならないんだ。

(引用終了)

では、どうすればいいのでしょうか。

小職は、以下の3項目を、ファイナンシャル・リテラシーのうち、メンタル面を鍛える項目として重視します。

①まず、金を持てる器量をつくる
②投資に関して、自分の決めたルールを守る
③社会還元について、真剣に考える

①に関しては、「そもそも、何のために投資するのか」「自分は、本当はどうしたいのか」といった、自分と向かい合う精神的作業になります。

②に関しては、「地味な作業を、継続的に繰り返す」「他の投資法や、仕手情報・限定情報に心を左右されないようにする」といった、これも精神面を重視した継続的作業になります。極端な話「鍛錬千日」ですが、その精神は茶道や武道に通じるという意味で「株式道」と言ってもいいのかも知れません。この書籍や、他の林輝太郎の書籍を読み、しっかりと実行することができれば、②は十分に達成できると考えます。私も、日本株式について、銘柄を絞って「うねり取り」の練習を開始しようと思います。

(引用開始:「株式上達セミナー/林輝太郎」より)
・売買において、利益になる、損になるという原因のほとんどの部分は「やり方」にある。時流に乗ったかどうか、つまり銘柄の選択が原因であると認められる場合はごくわずかなのである。
・グラフを眺めていると、最安値で買って最高値で売りたくなる。いつもいつもそう思っているから、次第にそうするのが上手だと思い込んでしまうし、そうしなければならないように思ってしまう。(でも、それは大きな間違いなのだ。)
・売買というものは、客観的な人間=神様がやるのではない。あくまでも、個性を持ち、そのうえ「欲」「恐怖心」「動揺した気持ち」を持った人間=自分がやるのである。つまり「その人なりに」取れるところを、取れる方法で取るのが相場なのだ。
・実践家になる。それも下手ではない実践家になりたいのであるから、すべての勉強は実践力の養成に向けられるべきである。・・・売買においては、まず、相場の波に浮かばなければ「お話」にならないのだ。相場の波を泳ぐのはそれからのことである。
(引用終了)

③に関しては、他の投資本ではあまり重視されていませんが、一番重要と言ってもいいかもしれません。

なぜ小職がこのブログを立ち上げたのかについては、「このブログ・メインページのミッション(社会的目的)」をご覧ください。

簡単に言うと、多くの日本人に「ファイナンシャル・リテラシー(経済的感受性)」を身に付けていただき、「ファイナンシャル・フリー(経済的独立)」を果たしていただきたいということです。

そして、将来的には、投資収益で「有望な若者に勉学を身に付けてもらうプライベート奨学金を作る」「老人・子供のためのチャリティハウスを設立する」「アジア・アフリカに学校を寄付する」を考えています。

先ほどの著書を再び引用します。

(引用開始)

お金を稼げば稼ぐほど、そのお金をどのように社会に還元するかについて真剣に考えなければならない。欧米の資産家は、収入の10%は必ず寄付をするという習慣がある。慈善事業にお金・エネルギーを回すというのは、影が濃くなるのをコントロールするという役割があるのだろう。・・・

しかも寄付するに当たって、ATMで金額を入力するところまではいいが、確認ボタンを押すのに苦労する。ボタンを押そうと思うと手が凍る。その瞬間に走馬灯のように、稼いだ苦労が記憶によみがえる。私は、何度もぐるぐるとATMのまわりを回った。

・・・(寄付については、「俺が施してやった」という偽善的態度になるくらいなら、)自分が最も貢献できる分野で、私財を投入して、どうすれば貢献できるだろうかと頭に汗をかいて社会貢献したほうがいいという見解である。

(引用終了)
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-13 17:01 | 資産保全一般

スイス・プライベート・ファンド 詐欺会社と生活保護

先日のニュースで、スイス・プライベート・ファンド関連のノンバンクに勤務して月収100万円を得ていた男性が、生活保護費566万円を不正に受け取っていたとして逮捕された、という記事が掲載されました。

「スイス・プライベート・ファンド」は、当時話題になった詐欺会社ですが、7パーセントという高金利を殺し文句に全国から30億円以上の金を集めていたと言われています。もちろんスイスとは何の関係もありません。金融に無知で、まとまったお金を持っている高齢者が狙われたと言われています。

この記事は、二つのことを教えてくれます。

①詐欺会社は相当儲かるということ
②生活保護を不正に受けている人が実際に存在し、他の捜査がなければわからないこと

①に関しては、もはや言及の余地は無いでしょう。「お金は集まるところに、半ば自動的に集まる」のですから、「お金を持っているからといって信用してはならない」のです。

②に関しては、深刻な問題と認識しています。このように不正に生活保護を受給している、あるいは、働けるのにあえて収入をセーブして生活保護を受ける、といった例が複数あると伝え聞いています。そのようなケースが、本当に生活保護が必要な人にとって害であることはもちろん、税金を負担する層にとっての裏切り行為であることは言を待ちません。

この事件の舞台となった大阪は、以前のブログなどで紹介したように、破綻寸前といっても過言ではありません。つまり、生活保護などの必要的支出などについても、削減せざるを得ない日が来るかもしれないのです。削減しなければ、増税しかありません。

小職は、「生活保護を不正に受ける」行為は、重大な犯罪であり、厳しい処罰と、重い罰金を科すべきであると主張します。

(引用開始)

(前略)生活保護費計566万円を騙し取った疑い。調べに「収入があるのに生活保護を受け取った」と容疑を認めているという。

K容疑者は、当時、大阪府警が出資法違反容疑で摘発した金融会社「スイス・プライベート・ファンド」の関連ノンバンクに勤務し、月収約100万円を得ていた。マンションなど不動産も所有していたという。

(引用終了:産経新聞2005/11/12夕刊)

スイス・プライベート・ファンドについては、皆様ご存知と思いますが、注意を促すために再度掲示いたします。

(引用開始)

「出資法違反事件でSPF会長らに有罪判決」

出資法違反(預かり金の禁止、高金利)の罪に問われた「スイスプライベートファンド」(SPF、大阪市)会長、和中勝被告(58)と元経理責任者、夏川江美子被告(38)、同社など3社に対する判決公判が6日、大阪地裁であった。
(中略)
川合裁判長は判決で「もっぱらグループ会社と自己の利益のために違法の連鎖を繰り返した犯行で、常習性があり悪質」と述べた。判決によると、両被告は2001年12月―02年7月、グループ会社の資金集めのため、「当社はスイス本社で実績のある会社。ベンチャー企業に投資する」などと一般投資家9人から1億6000万円を集めたほか、会社を仮装して高金利で18人に貸し付け法定利息を上回る約800万円の利息を受け取った。
SPF側は、同協会など2社が匿名組合方式で集めた金をベンチャー企業などへ融資、利益を配当すると宣伝。 「2社とは別法人のSPFが元利金を保証するので違法性はない」と顧客に説明していた。しかし、2社は和中容疑者が実質的に経営権を握り、府警はSPFと一体と断定。
関連の消費者金融の運営資金集めのために、ベンチャー企業への融資話をでっち上げたとみている。

(引用終了:NIKKEI NET2003/11/06より)
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-13 15:56 | 資産保全一般

閲覧数 15万ヒット達成ありがとうございます。

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:33,563 (ページビュー)
ブログ         ヒット数:113,662 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:5,598 (ページビュー)
合計          ヒット数:152,823

(ブログ)期間         全体訪問者  1日平均
11月 06日~11月 12日 3,476 496.6
10月 30日~11月 05日 3,590 512.9

【レポート配布について】

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」を作成いたしました。メインページからご請求ください。無料レポートの配布には期間制限があります。本年12月をもって締め切りとさせていただきます。

レポート「ヘッジファンド編」「オフショア編2.0」をご希望の方は、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。 レポートの部数には制限があります。500名分となっています。

【KANバーチャルファンドについて】

KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。
[PR]
by kanconsulting | 2005-11-13 13:02

FX(為替取引) ポジション整理

ユーロの下げを懸念して、保険の意味で逆指値を入れておきました。
いくつか、逆指値にかかって決済されましたが、心配していたような「130円を切るようなユーロの急落」は、少なくとも現在までは、無かったようです。

ですが、「万が一」に備えて、低レバレッジ以外のポジションには逆指値を入れて置かれるように、お勧めします。

※「逆指値とは?」
逆指値とは、「○以上になれば買い」もしくは「○以下になれば売り」の注文です。(ここでは、「○以下になれば売り」を指しています)
指値注文は、「○以下になれば買い」もしくは「○以上になれば売り」の注文です。
為替相場は24時間ずっと変動しますので、思わぬ急な変動に自動的に対処するために、「指値」「逆指値」を使いこなすことが重要になります。
「逆指値」は、損切り、利益確保のために重要な注文です。

a0037933_0454776.jpg

[PR]
by kanconsulting | 2005-11-10 00:45 | 経済状況