<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

閲覧数 2/11

ご無沙汰しております。

昨年(2007年)は、国家破綻(このブログでは、財政破綻と同じ意味=国家の財政が立ち行かなくなること、です。国際法では国家の破産法制はありませんので、国家破産、日本国破産、財政破産というのは正しくない表現です。同じく国の倒産も法的にはありえませんので、日本国倒産、国家倒産、なども正しくない表現です)にとって、重要なポイントとなった年でした。

繰り返しになりますが、「国家破綻への対策は、実質上、2006年末が目処。2008年から2012年にかけて、大きな経済上の混乱が起こる可能性があり、2007年は序章となるだろう。」と思っておりました。実際には、昨年2007年は、サブプライム・ショックの信用収縮と、それを覆い隠すための過剰流動性の供給により、今後の混乱を示唆する1年となりました。

もう少し詳しく言うと、金利、為替、株価、物価といったパラメーターは、いろいろな拮抗する経済的パワーのバランスによって決まる複雑系です。過剰な流動性が供給されることにより、その振れ幅が大きくなり、予想もつかない事態が出現する可能性があるのです。中期的にはさらなる市場の乱高下をもたらす可能性があり、注意が必要なのだと思います。

さて、

更新が滞っておりましたのは、私のプライベートな事情もありますが、それ以上に、「2007年の信用収縮を皮切りに、ドルと円が崩壊するだろうという流れは、誰にも止められない。私がブログに何を書いたところで、何も変わるわけがない。」という諦めにも似た気持ちからでもありました。

ですが、「たとえそうであったとしても、ダメージを最小限に食い止める方法があるのではないか。庶民レベルで生き残る知恵はないのか。ひょっとすれば、崩壊を食い止める奇策があるのではないか。」という思いでいることも、また事実です。

繰り返しになりますが、これからの数年間は、金融の混乱が引き続き起こるように思います。その中で、ご自身や家族の資産を保全されることは、一筋縄ではいきません。くれぐれも、ご注意ください。

今後の世界はどうなるのでしょうか?そして、私たち一般国民はどうすれば生き延びることができるのでしょうか?今後のエントリーにて、考えてみたいと思います。

---

参考文献ブログも、ご一読ください。

---

メインページ     ヒット数:07708  (リセットされたので+10万程度)
ブログ         ヒット数:644,510 (ユニークユーザー)
バーチャルファンド ヒット数:50128 (ページビュー)
合計          ヒット数:702346 (+10万程度)

(エキサイトブログ)期間  全体訪問者 1日平均 (ユニークユーザー)
02月 03日~02月 09日 3,806 543.7
01月 27日~02月 02日 4,533 647.6

(エキサイトブログ) ページビュー(計測していますが、総ヒット数には算入していません)
10月 Page View : 33,800
11月 Page View : 35,576
12月 Page View : 40,704
01月 Page View : 48,464
02月 Page View : 39,998 (198542)
03月 Page View : 44,872 (243414)
04月 Page View : 32,780 (276194)
05月 Page View : 33,123 (309317)
06月 Page View : 33,487 (342804)
07月 Page View : 40,268 (383072)
08月 Page View : 56,198 (439270)
09月 Page View : 49,508
10月 Page View : 37,293
11月 Page View : 32,327 (558398)
12月 Page View : 27,336
01月 Page View : 29,590 (615324)
02月 Page View : 7,618

(バーチャルファンド)
09月 Page View : 1,621 Visit : 1,152 (9/11~)
10月 Page View : 2,669 Visit : 1,854
11月 Page View : 3,048 Visit : 1,894
12月 Page View : 2,316 Visit : 1,599
01月 Page View : 2,471 Visit : 1,696
02月 Page View : 2,066 Visit : 1,463
03月 Page View : 2,175 Visit : 1,445
04月 Page View : 1,800 Visit : 1,239
05月 Page View : 2,523 Visit : 1,746
06月 Page View : 1,873 Visit : 1,294
07月 Page View : 2,413 Visit : 1,592
08月 Page View : 2,167 Visit : 1,382 (24396)
09月 Page View : 2,450 Visit : 1,455 (26846)
10月 Page View : 2,278 Visit : 1,423 (28269)
11月 Page View : 2,448 Visit : 1,527 (29796)
12月 Page View : 2,548 Visit : 1,595 (31391)
01月 Page View : 2,819 Visit : 1,773 (33164)
02月 Page View : 2,250 Visit : 1,381 (34545)
03月 Page View : 2,135 Visit : 1,360 (35905)
04月 Page View : 1,786 Visit : 1,148 (37691)
05月 Page View : 1,650 Visit : 1,091 (38782)
06月 Page View : 1,472 Visit : 943 (39725)
07月 Page View : 1,657 Visit : 1,038 (40763)
08月 Page View : 2,139 Visit : 1,363 (42902)
09月 Page View : 1,815 Visit : 1,205
10月 Page View : 1,373 Visit : 908
11月 Page View : 1,154 Visit : 726 (47244)
12月 Page View : 1,236 Visit : 757
01月 Page View : 1,317 Visit : 877 (49797)
02月 Page View : 331 Visit : 216

【無料レポート配布について】

2006年12月を持ちまして、無料レポートの配布は終了しました。ありがとうございました。現在のところ、再開の予定はありません。

「海外銀行・ヘッジファンド・海外証券会社・FXの活用方法」
「FX(外国為替)の活用方法」


※再配布のご希望には応じられません。

【「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用ファンド」について】

投資・財政状況などに参考になる書籍を公開しています。

「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用~KANバーチャルファンド」はこちら。

【ご質問受付】

ご質問受付を停止しました。

【ブログ・1月度の検索ワードランキング】

1位 グローバルソブリン
2位 国家破綻
3位 金価格 推移
4位 グローバル・ソブリン・オープン
5位 グロソブ
6位 菊池英博
7位 グローバル・ソブリン
8位 グローバルソブリンソブリン
9位 国家破綻研究ブログ
10位 金価格推移

【ブログ・12月度の検索ワードランキング】

1位 グローバルソブリン
2位 国家破綻
3位 ソブリン
4位 グローバル・ソブリン
5位 金価格 推移
6位 ソブリン債券
7位 グローバルソブリンオープン
8位 グロソブ
9位 グローバル・ソブリン・オープン
10位 若林栄四

(その他のキーワード)

キャピタルフライト
格差社会 対策
富田俊基

【新着の書籍紹介】

現在更新中

【著作権について】

(重要)著作権法違反は、懲役刑も課せられる犯罪行為で、懲役刑はもちろん罰金刑でも前科がつきます。前科の記録は、本人が死ぬまで消えることはありません。一生を棒に振ることになりますので、絶対におやめください。

リンクはフリーですので、事前のご連絡は不要です。

本ブログ・関連ホームページ・配布レポートの著作権・隣接する権利は、小職が保有します。
本ブログ・関連ホームページの内容の転載・引用に関しては、引用元記事名・リンクアドレスを記載して、著作権法の範囲でお願いします。雑誌など刊行物への転載は、必ず事前のご連絡をお願いします。

全ての配布レポートの内容の転載・引用・転売などは、全面的に禁止します。違反行為に対しては、「著作権法119条違反容疑での刑事告訴」・「民法709条不法行為による損害賠償請求の民事訴訟」を含めた、刑事・民事両方からの、厳しい法的措置を用意しています。なお、刑事告訴については、被疑者の住所・氏名などが不明であっても、「被疑者不詳のまま告訴」することが可能であり、この場合は司法官憲による「被疑者特定のための捜査」がありうることもお含みおきください。刑事告訴は事前の警告・通告を必要としませんので、「このくらいは大丈夫だろう」という甘い考えは捨ててください。

特に、今年7月から、著作権法違反の刑事罰が、10年以下の懲役刑もしくは1000万円以下の罰金刑、またはこれらの両方が科せられることになりました。

読者様におかれましては、このブログ・関連ホームページ・配布レポートの内容の販売・頒布・オークションへの出品などを見かけられましたら、ご連絡ください。

著作権法119条 (刑事罰)
著作権侵害を行った者は、10年以下の懲役および/または1000万円以下の罰金に処せられる
(法人等の従業員が、その法人等の業務に関し行った場合には、その法人等に罰金)

著作権法114 条・民法709 条 (損害賠償請求)
著作権者は故意又は過失により著作権を侵害した者に対して、侵害行為により生じた損害の賠償を求めることができる
著作権法違反がなくとも、民法の規定による損害賠償を認めるケースがある

民法703 条・704 条 (不当利得返還請求)
不当利得返還請求権に基づき、不当利得の返還を求めることができる

【偽装・偽造電子メール等について】

当方(当ブログ管理人)に対して、第三者や実在しない人物を騙り、または氏名などを偽装して、権利・義務・事実の証明に関する内容の電子メール等を送付される行為は、刑法159条(私文書偽造罪:1年以下の懲役又は罰金)・刑法161条(偽造私文書等行使罪:1年以下の懲役又は罰金、未遂も対象)・刑法161条の2(電磁的記録不正作出及び供用罪:5年以下の懲役又罰金、未遂も対象)に抵触する犯罪行為となる可能性があります。なお、電子メールは、文書に準ずるものとして、民事・刑事における証拠能力を有するとされています。この警告は今後の受信に限られるものではなく、公訴時効である過去3年もしくは5年を遡って適用されます。

【トラックバックについて】

アダルト・業者からのスパムトラックバック、宣伝、無関係なトラックバックなどは、当方の判断により、予告なく削除します。

【類似した名称の情報商材について】

「国家破産に勝つ○○」などの、当ブログ・関連ホームページ・配布レポートと類似した名称の情報商材が存在しているようですが、当ブログ・関連ホームページ・配布レポートとは全く関係がございません。ご注意ください。

読者様におかれましては、このブログ・関連ホームページ・配布レポートの内容の販売・頒布・オークションへの出品などを見かけられましたら、ご連絡ください。

---

更新やメールの返事が遅くなり、失礼しております。

当方からのメール送信が、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。
[PR]
by kanconsulting | 2008-02-11 01:57 | 閲覧数