人気ブログランキング |

複利金利、72の法則

複利の金利のパワーを分かりやすく説明するのに、「72の法則」があります。年利(%は取る)と年数をかけた数が72になる時、元金が約2倍になるというものです。
つまり、年利2%ですと2倍になるのには約36年必要ですが、6%だと約12年、12%だと約6年で達成できるということです。
もちろん運用する側だけでなく、サラ金などから借りる側にも同じことが言えます。
これをグラフにしてみました。
a0037933_141453.jpg



グラフで見ると、年利10%あたりから雪ダルマ式に資産が膨れ上がることがわかります。また、年利10%と12%は、たった2%の違いと思えないほど、差が出てくることが分かります。
10%を超えるような運用方法は、ここ10年ほどの低金利の日本ではマユツバでしかありえませんが、海外には存在します。ただ、そのような高リターンを狙うには当然ボラティリティもあるわけで、このグラフのように加速的に増えるわけではないことにご注意ください。確実に加速的に増えるのは、高利貸しからの借り入れだけです。
by kanconsulting | 2005-02-10 01:08 | 資産保全一般
<< ファンドの手数料 日本株戦略「... フィッシング(phishing... >>