高金利通貨のワナ~「政府の取り分」と「通貨の減価」

このブログでは、名目金利と実質金利について、何度か述べてきました。簡単に言うと、

名目金利=実質金利+インフレ率

です。デフレ環境下の日本では、名目金利=0%、インフレ率=-2%(デフレ、数値はとりあえずの値)でした。つまり、実質金利は2%だったことになります。でも、名目金利が0%ですので、なんだか損をしたような気になりますね。ですが、この実質金利2%には、税金はかかりませんので、その意味では「損」ではなく、「トク」なのです。

では、高金利通貨ではどうでしょうか?名目利回りが5%のオーストラリアドルMMFを見てみましょう。この場合は、

利回り=名目利回り*0.80(税金20%が政府の取り分に)=4%

ですね。でも、これまでに指摘していますように、高金利にはインフレがつきものです。この場合にオーストラリアのインフレ率が2%や4%だったらどうでしょうか?

インフレ率が2% 実質金利=名目金利*0.80-インフレ率=4%-2%=2%
インフレ率が4% 実質金利=名目金利*0.80-インフレ率=4%-4%=0%
(この場合に、実質0%なのに税金がしっかり取られていることに注目してください)

となって、ほとんどウマミのない投資になってしまいます。しかも、MMFはスプレッドが片道約1%(基準レートと、買いレートや売りレートには0.75円の差がある)ですから、それを控除すると、

インフレ率が2% 実質金利=名目金利*0.80-インフレ率-手数料=4%-2%-1%=1%
インフレ率が4% 実質金利=名目金利*0.80-インフレ率-手数料=4%-4%-1%=-1%
(この場合に、実質マイナスなのに税金がしっかり取られていることに注目してください)

これで、円転時に円高にでもなろうものなら、泣き面にハチどころか馬の後ろ足の蹴りが入ったような状態ですね。

これまでも何度も指摘しているように、

・インフレ
・税金
・手数料

が、投資の敵です。手数料は工夫すればなんとかなる面もありますが、インフレと税金はなかなか避けられません。くれぐれもご注意ください。
[PR]
by kanconsulting | 2005-10-25 02:09 | 資産保全一般
<< 「大阪破産/吉富有治」と国家破... アメリカ(FRB)FFレート上... >>