閲覧数

更新やメールの返事が遅くなり、失礼しております。

当方からのメール送信が、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。

---

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:38,207  (ページビュー)
ブログ         ヒット数:132,716 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:9,118 (ページビュー)
合計          ヒット数:176,474

(エキサイトブログ)期間  全体訪問者 1日平均
12月 11日~12月 17日 3,341 477.3
12月 04日~12月 10日 3,074 439.1

(バーチャルファンド)
09月 Page View : 1,621 Visit : 1,152 (9/11~)
10月 Page View : 2,669 Visit : 1,854
11月 Page View : 3,048 Visit : 1,894
12月 Page View : 1,780 Visit : 1,229 (~12/24)

【レポート配布について】
レポート「ETF・海外証券会社編」の頒布は、すでに「オフショア編」をお持ちの方に限定させていただいております。詳しくは、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。100名分となっています。

来年の無料レポート配布予定は未定です。当方の都合により、すべてのレポート配布を中止する可能性もあることをご了承ください。

【KANバーチャルファンドについて】
KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。

【著作権について】
配布レポートの内容の転載・引用に対しては、民事裁判・刑事告訴を含めた、厳しい法的措置を用意しています。

---

最近は国家財政問題について書いていません。ですので、「国家破綻はどうなのだ。国家破綻について書いていないが、もう心配ないのか。」と思われるかもしれません。それに対する小職の答えは、

「今の時点で、財政破綻が回避できるとする根拠は無い。国家破綻の確率を議論する前に、そのリスクをしっかりと認識し、有効な対策を立案・実行すべき。」

です。

若林栄四は、「日本株を保有して良いのは2006年まで。その後は、金利上昇による「日本版ブラックマンデー」があっても、おかしくない」と指摘しています。(まだお読みで無い方は、まずご一読をお勧めします。似た題名の破綻本とはレベルが違います。)

「円資産のリスク回避を検討してください」より、引用開始)

私たち一般市民は、「国家の興隆と没落」という大きな流れに逆らうことはできないと考えています。ですが、生き延びればこそ明日もあるのだと思っています。

そのために必要なのは
・地域による自助努力ネットワーク
・自給による食料確保
・自警による安全確保
・備蓄や自家発電によるエネルギーの確保
・信頼できる人物からの情報の確保
・復興後に必要となる資産を保全すること
です。

(引用終了)
[PR]
by kanconsulting | 2005-12-24 21:41 | 閲覧数
<< 臨界点(クリティカルポイント)... FX(外国為替取引)~ドボンし... >>