プラチナETF上場か コモディティ(商品)ETF投資の注意点

プラチナ(白金)の価格が、ETF上場観測を理由に、上がっているとの事です。小職は、プラチナの場帳をつけていませんので、プラチナの値動きには興味がありません。プラチナETFに投資することがあるとすれば、場帳をつけて、ある程度値動きになじんでからでしょう。

そもそもプラチナは、ゴールドなどに比べて値動きが荒く、安定した投資にはなじまない、つまり投機向きという側面があります。

ご参考のために、「コモディティETFファンド」で投資対象としているコモディティETFを紹介します。
・ゴールド
・シルバー
・原油
・ミックス(穀物など)


皆様方も、ポジショントークに惑わされることなく、冷静な投資をお願いします。

(引用開始)

プラチナ国際価格、2カ月ぶり高値

プラチナの国際価格がほぼ2カ月ぶりの高水準に上昇した。ニューヨーク先物(期近)は6日時点で1トロイオンス1196.7ドル。2週間前の直近安値から13%上がった。金や銀に続いてプラチナでも上場投資信託(ETF)の発行が始まるとの観測が市場に広がり、ファンドなどの思惑買いが膨らんでいる。
「年金基金などが来年の運用計画を決める時期に当たるため、憶測が広がった」(貴金属アナリスト)ようだ。
プラチナは年間供給量が約200トンと市場規模が小さく、市場ではETFの実現性を疑問視する声が多い。新規材料に乏しい状態が続き、買いの口実になった格好だ。

日本経済新聞 11/7

(引用終了)
[PR]
by kanconsulting | 2007-01-06 15:00 | 貴金属・現物
<< 閲覧数 1/6 黒い鎧の徴税官(貢ぎ取り) 苛... >>