海外送金規制強化へ 1日300万円以上の海外送金は実質上禁止? 逃げ道はふさがれる??

首記の件につき、日本国財政破綻Safety Netの記事を引用します。

(引用開始)

439.日本国は財政破綻前夜なのかもしれない

都銀地銀ともに1月1日から実質的に行政指導で300万円以上の送金ができないようです。(中略)

300万円超の海外送金が出来ないというのは、マスコミには出ていません。もし、ひっそりと財務本省の課長通達などが流れていたとしたら、これは大きな問題をはらんでいます。

(中略)日本政府が個人の海外送金を事実上抑えてしまったということは、日本国財政破綻は我々の予想より早いのかもしれません。何年か前から、富裕層と政治家や中央官僚など政府の内情に精通する人々は、資産防衛をすでに終えたのではないか、という情報がまことしやかに飛び交っていました。2007年1月から日本国政府がこのような措置に踏み切ったということは、2006年末までに、政府当局者の資産防衛は全て終わったと考えてもおかしくありません。

(引用終了)

分かる範囲で調べてみました。

東京三菱UFJ 1日当たり200万円相当額以下かつ月間の送金累計額500万円相当額以下
・三井住友 不明(インターネットバンキングでは不可、店頭扱いのみ)
・りそな 不明(インターネットバンキングでは不可、外国為替取扱支店店頭扱いのみ)
・シティバンク(インターネットバンキング) 1日300万円まで(海外送金は1日1回、1回あたり300万円まで)*

*シティバンクは、以前よりこの上限です。月間総量規制は確認できませんでした。

継続して調査します。
[PR]
by kanconsulting | 2007-01-11 00:18 | 資産保全一般
<< ジョセフ・スティグリッツと内橋... 経団連・法人税と格差社会 グロ... >>