人気ブログランキング |

<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

郵便局の投資信託(2) やはりETFが有利

以前のエントリー「郵便局の投資信託」で、次のように述べました。

(引用開始)

これらの投資信託は、
・日経平均株価連動型のインデックスファンド「大和ストックインデックス225ファンド」
・TOPIXをベンチマークとするエンハンスド・インデックスファンド「GS日本株式インデックス・プラス」
・「野村世界6資産分散投信(安定コース、分配コース、成長コース)」6つの資産に分散投資するバランス型ファンド

インデックスファンド「大和ストックインデックス225ファンド」は、ベンチマークとの完全な連動を目指すファンドです。ここでのベンチマークとしては、「日経平均」です。機械的に日経平均に連動させるファンドですので、パッシブファンドです。

       ベンチマーク 運用    手数料
大和225:日経平均   パッシブ  2.1%(購入時)、0.546%(毎年)

(引用終了)

パッシブ運用とアクティブ運用の違い、その手数料の効果については、過去のエントリーを参照してください。
「ファンドの手数料」
「では、どのファンドがいいのか(4) 収益環境指数」

さて、このブログでは、何度も「個別株のリスクを回避した株式投資にはETFが有利、手数料の面からも有利。」と何度も書いてきました。ですので、皆様は「あれ?単なる日本の株式インデックスに連動するなら、このファンドは手数料が高いのではないか?ETFと比較すると、どちらが有利なのか?」と思われたことでしょう。

日経平均株価連動型のETFとしては、大阪証券取引所に上場されているETFである「ダイワ上場投信―日経225指数(ティッカー:大証1320)」があります。信託報酬は、純資産総額に対して年率0.231%(税込)です。

このETFの購入時手数料は、株式を売買するときと同じように、注文を発注する証券会社に支払うことになります。最近はネット証券の手数料が安く、約定金額にもよりますが、おおむね1000円程度が多く、中には約定金額が低ければ手数料が手数料無料の証券会社もあるようです。ここでは、約定金額10~50万円に対して手数料が約500円(イートレード・楽天証券)と考えます。

比較してみると、

       手数料
大和225:2.1%(購入時)、0.546%(毎年)
日経ETF:0.1~0.5%(購入時)、0.231%(毎年)

これでは、郵便局のパッシブ投資信託は、少なくとも手数料の観点からは、存在価値がないと言っても過言ではないのではないでしょうか?アクセシビリティの問題があるにせよ、他方で有利な商品が売られているのに、それを意図的に無視していると思われても仕方のない商売ですね。しかも、郵便局で投資信託を販売するのに、販売金額が10万円と100万円では販売時の手間は同じであろうにもかかわらず、販売手数料が10倍違うというセンスも信じられません。

アクセシビリティの問題とは、同じ商品でも、コンビニでは高いが、スーパーに行けば安く売られているのと同じようなものでしょうか。

ほかのパッシブ投資信託も、同罪です。ETFと比較して、内容は同じであるにもかかわらず、手数料だけが高いというのは、少し投資を知っている人間にとっては「決して買ってはならない金融商品」なのです。

---

他方、海外に目を向ければ、優良な株式、成長が期待できる国・地域のETFが数多く存在しています。もちろん、ほとんどの日本人は知りません。このあたりの話は、「ETF・海外証券会社編」にて説明しています。
by kanconsulting | 2005-12-11 08:00 | 資産保全一般

閲覧数

本業が多忙のため、更新やお返事が遅くなり、失礼しております。

当方からのメール送信が、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。

---

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:36,818  (ページビュー)
ブログ         ヒット数:126,456 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:8,130 (ページビュー)
合計          ヒット数:171,404

(エキサイトブログ)期間  全体訪問者 1日平均
12月 04日~12月 10日 3,074     439.1
11月 27日~12月 03日 3,203     457.6

【レポート配布について】

レポート「ETF・海外証券会社編」の頒布は、すでに「オフショア編」をお持ちの方に限定させていただいております。詳しくは、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。100名分となっています。

【KANバーチャルファンドについて】

KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。

【著作権について】

配布レポートの内容の転載・引用に対しては、民事裁判・刑事告訴を含めた、厳しい法的措置を用意しています。
by kanconsulting | 2005-12-11 07:26 | 閲覧数

お知らせ

本日~明日に、LANの再構築を行います。その間は、メール、ウェブとも不通になりますので、お返事やコメントが遅れることが予想されます。よろしくご理解をお願いします。
by kanconsulting | 2005-12-10 15:58

「儲かる株の本」「儲かる外貨取引の本」にはご注意(2)

以前のエントリー「「儲かる株の本」「儲かる外貨取引の本」にはご注意」で、次のように述べました。

(引用開始)

「あなたもこうすれば株式(外貨)で丸儲け!」系の本は、毒です。今すぐ捨ててください。週間ダイヤモンドなどはまだ罪が軽いほうですが、読まないに越したことはありません。

なぜ毒なのか?それは、あなたから「自分で投資について考える能力を奪う可能性が高い」からです。どの銘柄がお勧めかを知るより、最優先でまず、自分で考える能力=ファイナンシャル・リテラシーを身に付けることです。

(中略)

結論から言いますと、「投資について自分で考える能力=ファイナンシャル・リテラシー」を身に付けることが最優先です。そのような状態になれば、雑誌のお勧め銘柄を見ても自分で正当性を判断できるため、毒になりません。「これはポジショントークだな」と見破ることができるようになるまでは、毒は避けて通るほうがいいでしょうね。

(引用終了)

これにつきまして、林輝太郎などの書籍から引用して説明します。小職は以前より、「ファイナンシャルリテラシーを磨くためには、世に出ている投資本のほとんどはクズだ」と思っていました。ところが、小職が本格的に林輝太郎の書籍を読み出してからは、「本当にそうなのだ。よく言ってくれた。もっと早くに林輝太郎の書籍を読んでおけばよかった」と納得し、実感することができたのです。

(引用開始)

「うねり取り入門 株のプロへの最短コース/林輝太郎」より

はじめは情報をオミット(排除)するべきなのである。情報がどの程度値動きに影響するか、だからどう利用するか、がわかってから情報に接したほうがよい。174

カンタンに有利な情報が入手できるのなら、それは「お金を上げます」ということと同じなのだから、この世の中にありえないということが分からない。もう、マインドコントロールどころか、立派な精神異常である。必勝法、指数、指標などで利益を上げた人が皆無なことは立証済みなのに、あいかわらずそれらの信奉者や情報を求める投資家が後を絶たないのは、欲なのか、夢を見ているのか。破産して目が覚めたときは時すでに遅いのである。177

相場師に弟子入りをすると、理屈よりまず波乗りの基本のやりかたを教わることになるが、その1~2年の間、新聞を読むのを禁止される。1年か2年たって、新聞を読み始めると、少しではあるが自分が記事を批判しながら読んでいるのに気づく。もちろんそれでよいのではなく、まだ始まりなのである。178

「自立のためにプロが教える株式投資/板垣浩」より

新聞は私企業である。営利追求のために新聞を発行している。大企業は大切なスポンサーであり、大証券は仲間であり、これらの不都合が書けないのは当然なのである。91

(旅行用トランク2つ分の、株式投資関連の膨大な資料を見せに持ってきた)Aさんの話は、全部が相場の下手な人に共通する、「市場と証券会社に対する正しい知識がない」「間違った方法を正しいと信じている」「技術的にはまったく未熟」なのをさらけ出していた。・・・まず、資料について、もし、あなたの身になって選べば、日経の綴じ込み、「月足20年」「四季報」「会社情報」「株価総覧」以外は、不必要どころか有害だから、即刻捨てるようにと言った。99-100

「私たち、実際に売買している者からすれば、投資家からカネを巻き上げる投資顧問も、机上の空論を書いている評論家も、投資家をダマしていることについては同じです。」113

たしかに、多少とも「相場のやり方」を知っている人には「いい銘柄」を教えるだけでいいのだが、それ以下の人には、たとえいい銘柄を教えても「まったく効果はない」のだ。いい銘柄を教われば技術の程度にかかわらず必ず儲かる、というのはまったくの錯覚だ。しかし、一般の投資家は、あいも変わらず「いい銘柄を聞きたい」と欲しており、これは今までも今後も変わらないであろう。120

「投資家をバカにしているような本」を書いている評論家のMレポートでも、「当てようと真剣な努力をしている」Tレポート屋でも、「相場の本筋を目指していない」ことにおいては同じであり、これらのレポートを読んでも、全く勉強にならず、実力もつかないのである。121

ところが、相場の先生と言われる人が、実際には相場の勉強をしておらず、「程度の低い投資家には、どんなことを言えば飛びついてくるだろうか」「どういうことを書けば、どういう題をつければ本が売れるか」「どういうことを書けばレポートが売れるか」「どういう宣伝をすれば講演会でお客が集まるか」ということだけを勉強して有名になったのであればどうであろうか。124

広い日本の中には、いいレポートだってあるかも知れないが、それでさえ、そのレポートに頼るという投資姿勢だからこそレポートを購読しているのであり、やはり、自己の実行力をつける助けにはならない。まして、情報のあやふやなこと、インチキ性、株価と情報の関係などを知った読者は、これから自力をつけ、成功への道を行かねばならないのだから、絶対に情報やレポートに頼ってはならないのである。129

「ほとんどの人は要するに不勉強すぎる。それなのに儲けようという欲は一人前だ。これではダメですよ。また、興味本位に走りすぎている、と言ってもいいかも知れない。しかし、そういう人がいないと証券会社は成り立っていかないだろうねえ。」138

「はじめが肝心なんだ。こんな本を読んではいけない。・・・その作られたスターの「K」。そして、誰が書いたのか分からない本。もちろん大衆に迎合する低級なタテマエ論だけの本を読んではいけないんだ。君の将来のためにだよ。もちろん、そういう本を批判することができるようになってからならば読んでもよい。ところが、内部のインチキが分かってからならば読む必要もないし、読みたくもなくなる。」

そして翌日、書店に行って筆者の持っていない本を手当たりしだい買ってきた。大きな紙袋に3つもあり、タクシーで家に帰ったのだが、その日から読み始めた。一般投資家向けのハウツー本、罫線論、実践論、取引所などの研究書、アメリカの本の邦訳書などであるが、読むのに1ヶ月かかった。・・・どうして、現実の売買に役に立たない本がこれほどあるのだろうか。罫線論や実践論はむなしい机上の空論ばかりである。・・・アメリカ本の邦訳書でも、・・・途中で電車の窓から投げ捨てたくなったくらいである。同じようなのは、一般投資家向けのハウツー本である。もちろん、ハウツー本であるから、「こうすれば株で儲かる」という方法が書かれている。しかし、それらは粗雑な理論と不備な・偏った資料に基づくあてずっぽう式な予測ばかりのように思えた。・・・これらのハウツー本が、いかに程度が低いかということがわかってきたのだ。220

---

(日本株式投資についての参考書籍)
すべて読んでみてください。全部買っても2万円です。リンクの張ってあるものは、アマゾンから購入可能です。アマゾンで購入すれば、3000円以上は送料無料です。

(入門)
「株式上達セミナー これで成功は約束された/林輝太郎」
「株式成功の基礎 10億円儲けた人たち/林輝太郎」

(初級)
「あなたも株のプロになれる 成功した男の驚くべき売買記録/立花 義正」
「自立のためにプロが教える株式投資/板垣浩」

(中級)
「うねり取り入門 株のプロへの最短コース/林輝太郎」
「ツナギ売買の実践/林輝太郎」

(上級)
「株式サヤ取り」の参考書籍
「売りのテクニック/林輝太郎」

---

「数が多すぎて3冊に絞ってほしい」と思うのであれば、「株式上達セミナー これで成功は約束された/林輝太郎」「あなたも株のプロになれる 成功した男の驚くべき売買記録/立花 義正」「自立のためにプロが教える株式投資/板垣浩」の3冊セットをお勧めします。

---

ファイナンシャル・リテラシーの教科書については、以下のリンクをご覧ください
「国家財政破綻研究ページ」
「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」
by kanconsulting | 2005-12-04 04:25 | 資産保全一般

円資産のリスク回避を検討してください(3)

これまでも、このブログなどで何回か指摘しましたが、「ドル/円は、年内に120円を超える」ことが現実となりました。「強いドル」の原因は、以前のエントリー「アメリカ(FRB)FFレート上昇~日本株式プチバブルの終焉?」では

・アメリカ(FRB)のFFレート追加引き上げと、さらなる上げ観測
・金利負担増大による、レバレッジ買いポジションの決済
・アメリカ債券市場への投資のため株式市場から一部資金を撤退
・アメリカの「本国再投資法」による資金の還流

と書きましたが、それに加えて、日本の場合は「国内需要が旺盛になったことによる輸出入バランスの変化」もあるでしょうね。「デフレ不況で円高が進行した」のと逆の減少と考えるとわかりやすいですね。

(ドルの見通しについての過去のエントリーもご覧ください)
「円資産のリスク回避を検討してください(2)」

また、ごく一部では個人投資家の円資産の避難(キャピタルフライト)も始まっているのではないかと考えていますが、為替には影響しないほどのごく微小なものでしょう。為替相場の規模は、日本政府の円買い介入にもビクともしなかったほど非常に巨大です。

(キャピタルフライトについての過去のエントリーもご覧ください)
「財政破綻と、キャピタルフライトにおける合成の誤謬」

また、投資ブログで、高金利通貨として着目している豪ドル(オーストラリアドル=AUD)も、今週に90円を突破しました。非常に力強い動きを感じます。これからの豪ドル買いは、安全水準ではありませんので、レバレッジは低めでお願いします。

(高金利通貨についての過去のエントリーもご覧ください)
「高金利通貨のワナ~「政府の取り分」と「通貨の減価」」
「購買力平価と為替レートの関係~キャリートレードのブームとバースト」
by kanconsulting | 2005-12-04 02:41 | 経済状況

閲覧数

本業が多忙のため、更新やお返事が遅くなり、失礼しております。

当方からのメール送信が、エラーなどで返送されてくるケースがたまにあります。メールボックスが一杯でないかどうか、ご確認いただければ幸いです。メールの返答があまりにも遅い場合は、メール配信途中のデータ損失(エラー)の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡いただけると幸いです。

---

多数の皆様にごらん頂きありがとうございます。

メインページ     ヒット数:35,954  (ページビュー)
ブログ         ヒット数:122,995 (エキサイトカウンター)
バーチャルファンド ヒット数:7,482 (ページビュー)
合計          ヒット数:163,429

(ブログ)期間         全体訪問者  1日平均
11月 20日~11月 26日 3,281 468.7
11月 13日~11月 19日 3,431 490.1

【レポート配布について】

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」は、12月1日をもって締め切りとさせていただきました。再配布は行いません。長らくのご愛顧ありがとうございました。

レポート「ヘッジファンド編」「オフショア編2.0」をご希望の方は、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。500名分となっています。

レポート「ETF・海外証券会社編」の頒布は、すでに「オフショア編」をお持ちの方に限定させていただいております。詳しくは、右側のリンクの「メインページ」をご覧ください。レポートの部数には制限があります。100名分となっています。

【KANバーチャルファンドについて】

KANバーチャルファンドの運用の様子は、別ブログにて、週1回報告しています。
「KANバーチャルファンド~国家破綻に勝つ資産運用」はこちら。

【著作権について】

配布レポートの内容の転載・引用に対しては、民事裁判・刑事告訴を含めた、厳しい法的措置を用意しています。
by kanconsulting | 2005-12-03 10:47 | 閲覧数

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」配布停止

【レポート配布について】

「無料レポート~ヘッジファンドと海外銀行をどう活用するか」は、12月1日をもって締め切りとさせていただきました。再配布は行いません。長らくのご愛顧ありがとうございました。

12月は、小職多忙につき、メールをいただきましても返事できないこともございます。ご容赦ください。

今月は、休みを利用して、株式修行の一環である「2年分の大引値のグラフ記入」をしようと思っています。
by kanconsulting | 2005-12-01 23:00 | 資産保全一般